日本のダブルスペアがc’shipsワールドファイナルで優勝

日本のパドラーは、日曜日にヒューストンで開催された世界卓球選手権で、女子と混合ダブルスの決勝に進出しました。

張本智和と早田ひなの世界20位のミックスダブルスペアは、試合の途中で不振に見舞われ、中米チームを破った。 林高遠とリリー・チャンの準決勝で11-9、11-1、6-11、8-11、11-2。 月曜日に彼らはタイトルのために中国のデュオ王楚晃と孫穎莉と対戦します。

日本の張本智和(右)と早田ひなは、2021年11月28日にテキサス州ヒューストンで開催された世界卓球選手権の混合ダブルス準決勝で中国の林高遠と米国のリリーチャンと対戦します。(京堂)==京藤

「本当にタフな試合だったので、とても嬉しいです」と張本は語った。 (決勝では)簡単なショットはせず、持っているものはすべてあげます。 一人一人が100%以上入れれば(勝つ)チャンスがあると思う」と語った。

リンとチャンは、2つの中米デュアルチームの1つです。 国際卓球連盟から、卓球選手の交流や訪問に支えられた国家間の関係が解けた「ピンポン外交」50周年を記念する方法として、世界選手権に出場することを承認されました。

女子ダブルスでは、日本人カップルの伊藤美誠と早田が中国の対戦相手である銭天一と陳夢を11-9、2-11、10-12、11-6、11-7で破り、王曼淵と孫穎莉と対戦する。 決勝では、中国のチャンピオンを擁護します。

2021年11月28日にテキサス州ヒューストンで開催された世界卓球選手権の女子ダブルス準決勝で、日本の早田ひな(左)と伊藤美誠が中国の銭天一と陳夢と対戦。

「期待していた試合ができるので、この勝利は大きな意味がある」と伊藤はブダペストで行われた2019年ワールドカップ決勝の再戦となることについて語った。

「彼らと向き合う自信があったので、たくさん練習した。2019年のリベンジを望んでいる」と伊藤は付け加えた。

男子ダブルスでは、日本の2番目のシードである宇田幸矢と戸上隼介が、ジョージR.ブラウンコンベンションセンターで韓国の10番目のシードであるチャンウジンとイムジョンフンと対戦し、銅メダルを準決勝進出者として失った。

50カ国から244人の選手が参加する7日間のITTFイベントは、月曜日に4つの決勝戦で締めくくられます。

。日本のダブルスペアがc’shipsワールドファイナルで優勝

Source#日本のダブルスペアがcshipsワールドファイナルで優勝

Leave a Comment