日本のスカイウォッチャーは、天王星を遮る珍しい月食を楽しんだ

火曜日の夜、日本の居住者は、442年ぶりに見られなかった珍しい天体イベント、惑星が月によって食される天王星の月食と一致した皆既月食を目撃しました.

宇宙の光景は午後6時9分に月の一部が欠けているように見える部分日食で始まり、午後7時16分から午後8時42分まで皆既日食が見られました。

この天文現象は、東京の比較的澄んだ空が多くのユーザーに「血の月」(皆既日食によって月がより暗く見える状態)の写真を撮ることができたため、日本の Twitter ですぐにトレンドになり始めました。

写真は2022年11月8日、東京都の東京スカイツリー上空で皆既月食。(共同)

大阪府堺市の天文台で行われた日食観察会に、地元の小柳彩音さんら約50人が参加。

「これは私が今までに見た最初の月食です。月が赤くなり始めたとき、私は感動しました。」

皆既月食は、地球が太陽と月の間に入り、太陽光線が自然の衛星に直接届かなくなるときに発生します。

2022年11月8日、岐阜県岐阜市の岐阜城上空で皆既月食が見られる。(共同)

地球の大気がレンズのように機能するため、月は暗くならず、大気中のちりなどの条件に応じて、明るいオレンジ色から暗い色合いまでさまざまな色合いで表示されます。

天王星の食は地域によって異なりますが、東京では午後8時40分から約40分間見えました。

食はまれではありませんが、食された月による惑星の食は、太陽、地球、月、および惑星がほぼ同じ直線上にある場合にのみ発生します。

2022年11月8日、東京都内で皆既月食を撮影する人々(共同撮影)

日本の国立天文台によると、皆既月食と惑星食が最後に一致したのは、月が土星を覆った1580年7月でした。

天文台によると、次に惑星が月食によって掩蔽されるのは、今から 322 年後の 2344 年 7 月で、土星が関与します。

2022年11月8日、山口県美祢で皆既月食。(共同)

日本のスカイウォッチャーは、天王星を遮る珍しい月食を楽しんだ

Source#日本のスカイウォッチャーは天王星を遮る珍しい月食を楽しんだ

Leave a Comment