日本のコアCPIは1月に0.2%上昇し、コストプッシュインフレはそのまま

政府のデータによると、1月の日本の主要消費者物価は、エネルギー価格の高騰と円安によるインフレ圧力が続いたため、前年比0.2%上昇した。

総務省によると、エネルギーコストは40年以上で最も速いペースで上昇しており、不安定な生鮮食品を除く全国のコア消費者物価指数は5ヶ月連続で上昇した。

コロナウイルス感染が復活する中、地元の観光を復活させるための政府の割引プログラムの停止に対応して宿泊料金が上昇したことによる前年比の影響が減少したことを主な理由として、価格上昇のペースは12月の0.5%から鈍化しました。

見出しの数字は、日本銀行の2%インフレ目標からはほど遠いものであり、主要国の中央銀行が政策の正常化に移行するのに遅れをとる可能性を高めています。

エネルギーと原材料の高騰はすでに家計に圧力をかけ始めており、岸田文雄首相は木曜日、政府は影響を緩和するための追加措置を検討すると述べた。

日銀と同業他社の政策パスの相違を反映した円安は、資源の乏しい日本の輸入コストを上昇させます。

明治安田生命研究所の児玉裕一チーフエコノミストは、「最近、原油価格が上昇しており、年度末(3月)以降も消費者物価指数に強い影響を与える可能性が高い」と述べた。

消費者心理については、「エネルギー価格と食料価格の上昇はマイナスだ」と述べた。

同省によると、エネルギー価格は17.9%上昇し、1981年1月以来の急上昇となった。 灯油価格は33.4%急騰し、ガソリンは22.0%急騰した。

主要な値上がり者の中で、レストランの経営者がより高い牛肉価格と送料を消費者に転嫁したため、牛肉ボウルの価格は9.0%上昇しました。

同省のデータによると、宿泊費の上昇は、12月の前年比44.0%に比べて、1月には0.6%に落ち着いた。

ウクライナとロシアの間の対立の高まりにより原油価格が上昇し、1月に53.6%急落した携帯電話料金の前年比の影響は解消されるため、日本は今後数ヶ月でインフレ圧力に直面する可能性があります。 。

児玉氏は、「コアCPIが一時的に2%に達する可能性がある。黒田氏が期待する日銀の物価安定目標が達成されたわけではなく、金融緩和政策は変わらない」と述べた。

生鮮食品とエネルギー品目の両方を除いたいわゆるコアコアCPIは1.1%低下し、2011年3月以来の急激な低下となりました。10か月連続で低下しました。

。日本のコアCPIは1月に0.2%上昇し、コストプッシュインフレはそのまま
Source#日本のコアCPIは1月に02上昇しコストプッシュインフレはそのまま

Leave a Comment