日本のオミクロンに関する厳格な入国規則は新年まで続く

岸田文雄首相は土曜日、コロナウイルスのオミクロン変異体の蔓延を防ぐために、日本は少なくとも来年初めまで厳格な侵入規則を延長すると述べた。

政府は当初、世界中の外国人の新規入国を禁止し、帰国した日本人と外国人居住者を政府指定の施設で検疫することを義務付ける規則は、年末まで約1か月間施行されると述べた。

岸田文雄は記者団に対し、オミクロンの亜種の詳細が明らかになるまで政府は規則を継続すると語った。

「年末年始(休日)以降の状況を調査する」と語った。

日本は先月末、オミクロンが世界中に広まったときに、コントロールの緩和を逆転させました。 この国は世界で最も厳しい国境政策の1つであり、原則として外国人と居住者のみが入国を許可されています。

COVID-19の症例は、8月の致命的な波以来劇的に減少しましたが、主に空港のチェックと検疫中に日本で30回以上発見されたオミクロンの亜種に対する懸念が高まっています。

岸田首相は、オミクロン株の国境措置として、原則として新規外国人の入国を禁止する措置を長年にわたって継続する方針を発表した。 岸田首相:「このオミクロンの行動の実情が明らかになるまでは、少なくとも年末年始の状況を注意深く評価し、先を見据えるべきだと思う」と語った。 対策として、新規外国人の入国は原則として禁止されており、すべての人を対象としています。 岸田首相は、オミクロン株については「不明点が多い」と述べ、年末年始以降も今のところ国境対策を継続し、年末年始の状況を踏まえて決定すると述べた。年…– ANNnewsCH







日本のオミクロンに関する厳格な入国規則は新年まで続く

Source#日本のオミクロンに関する厳格な入国規則は新年まで続く

Leave a Comment