日本のアスリートが倒れ、消毒剤が小刻みに動くと嘔吐する

日本の当局は、高校のアスリートがレース中に手指消毒剤を飲んで、1人の学生が小枝をとった後に病気になったという混乱を調査することを約束しました。

先週末、山梨県中部で開催された女子5,000メートルウォーキングレースの大会主催者が、誤って消毒剤をカップに注ぎ、アスリート用のドリンクステーションに置いた。

山梨の高校体育連盟によると、消毒剤は、段ボール箱に飲料水が入っているものと一緒に、ラベルのないペットボトルに保管されていたという。

アルコールベースの手指消毒剤は、Covid-19から保護するために一般的に使用されており、パンデミックが始まって以来、日本やその他の国で広く普及しています。

1人のアスリートは、消毒剤を飲んだ後、倒れ、嘔吐し、レースから脱落しました。他の2人は、消毒剤を吐き出し、続行しました。

全部で3人の運動選手が治療のために病院に運ばれ、回復していると報告された。

山梨県あり少年生の搾行大会で、、水給水取ら、こ免が取たコプがしててりて、飲んだだだしが逃吐(おうとしました。 ■入て免直いいだのは「」山梨県上体育・逆瀬川慶浩評:「表、え?ですよねね。 7日の山梨県上上山梨県上上上山梨県上上上山梨県上上上家した女女子女子5000年決勝年2年のぎが、3000メートルからでしていたコケを手にありました。方向が······。-Annnewsch







日本のアスリートが倒れ、消毒剤が小刻みに動くと嘔吐する
Source#日本のアスリートが倒れ消毒剤が小刻みに動くと嘔吐する

Leave a Comment