日本で3例目のサル痘患者が確認されました

日本の保健当局は、国内で 3 例目のサル痘の症例を確認しました。

厚生労働省によると、感染が確認されたのは東京の米軍横田空軍基地に所属する20代の男性。

頭痛や体の痛み、発疹などの症状が出て、木曜日に基地内の医療機関を受診したという。

東京都は金曜日に彼が感染していることを確認しました。

関係者によると、男性は基地内の医療機関に入院している。 最近の海外渡航歴はないが、症状が出る前に海外から日本に来た人と接触したという。

厚労省は地方自治体や米軍と協力して、感染経路を追跡し、誰かが男性と濃厚接触したかどうかを確認しています。

世界保健機関によると、木曜日の時点で、88の国と地域で26,864例のサル痘が報告されています。 ほとんどは米国とヨーロッパにあります。

WHOは先月、サル痘を国際的な公衆衛生上の緊急事態と宣言しました。

…読み続けて


科学技術ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本で3例目のサル痘患者が確認されました
Source#日本で3例目のサル痘患者が確認されました

Leave a Comment