日本で降り続く雨は、被害や土砂崩れのリスクを残す

金曜日に日本の広い地域で集中豪雨が降り続け、川が氾濫し、多くの地域が地滑りの危険にさらされているため、福井県と滋賀県で記録的な豪雨が報告されました。

政府によると、大雨が 3 日間続いた午後 5 時現在、9 県の 52 河川で決壊が発生しています。 また、同時期に6県で22件の土砂崩れが発生したと発表した。

気象庁は、西から東へと国土を席巻する不安定な大気条件の中で、土曜日に向けてさらなる大雨に警戒するよう住民に警告している.

豪雨による被害を受け、水道などのライフラインが寸断された地域では、自治体などで住民支援が急がれています。

気象庁によると、福井県南越前町で金曜朝までの24時間の降水量は405.5ミリリットルで、8月の平均の2.2倍。 滋賀県と島根県の一部でも記録的な時間降水量が見られました。 …読み続けて


旅行ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本で降り続く雨は、被害や土砂崩れのリスクを残す
Source#日本で降り続く雨は被害や土砂崩れのリスクを残す

Leave a Comment