日本で発見された巨大なナイフのような爪を持つ新しい恐竜種:研究

6600万年から1億4500万年前の間に、指用のナイフを備えた二足歩行の恐竜がアジアの海岸を歩き回っていたことが、新しい研究で明らかになりました。

ライブサイエンスによると、白亜紀に生息していた恐竜の新属・種は、日本の北の島である北海道で発掘された化石化した遺物から特定されました。 化石はアジアで最初に海成層で発見された、と米国と日本の研究者は報告した。

化石は、研究者が「Paralitherizinosaurusjaponicus」と名付けた新たに記載された種を表しています。 研究によると、恐竜はテリジノサウルスとして知られているグループに属していました-二足歩行と主に草食性の3本指の恐竜。

この種の最も注目すべき点は、剣のような爪があったことです。 研究者たちは、エドワードシザーハンズのような武器が、動物の獲物を調べるのではなく、植生を伐採するために使用されたと説明しました。

「」[This dinosaur] 南メソジスト大学のロイ・M・ハフィントン地球科学部の研究教授である研究共著者のアンソニー・フィオリロは、その爪を攻撃の道具ではなく、採餌道具として使用して、低木や樹木を口の近くに引き寄せて食べました」と述べています。 (SMU)ダラスで、LiveScienceに語った。

「私たちはそれが陸で死に、海に流されたと信じています」とフィオリージョ氏は付け加えました。

による広告

部分的な椎骨と部分的な手首と前足を備えた鉤状の化石は、2008年に北海道の化石が豊富なオソウシナイ層で別の研究者チームによって最初に発見されました。 化石は発見時に結石(硬化した鉱物の堆積物)に包まれており、以前はテリジノサウルスのものであると信じられていました。


科学技術ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本で発見された巨大なナイフのような爪を持つ新しい恐竜種:研究
Source#日本で発見された巨大なナイフのような爪を持つ新しい恐竜種研究

Leave a Comment