日本では、返済が迫る中、COVID-19ローンの借り手に圧力がかかる

コロナウイルスの大流行の中で2020年の夏にレストランで職を失って以来、2人の子供を持つ40代の独身の母親が経済的な綱渡りをしてきました。

当時、彼女はパンデミックにより収入を失った人や減額された人のための特別プログラムで認められている最大額である200万円の政府融資を受けました。 彼女は現在別のレストランで働いていますが、大学の子供たちの1人と一緒に、彼女は目的を達成するために貯金に没頭することを余儀なくされました。

首都圏に住む女性は「どうやってローンを返済できるのか悩み続けている」と語った。 「自発的な破産が頭に浮かぶことがあります。」

共同通信の調査によると、このような政府融資を受けた人のうち、約5000人が自主破産を申請している。

パンデミックが始まって以来、政府は、困窮している人々により迅速に財政支援を提供するために、条件を緩和し、融資申請期間を延長してきました。

しかし、早ければ来年1月にローンの返済が開始される予定であるため、今後数か月以内に自主破産を申請する必要のある人が増える可能性があります。

既存のプログラムでは、居住税を免除されている世帯はローンを返済する必要はありません。 ローンの返済を免除される人は、例えば、単身世帯の年収が約100万円以下になることになります。これは、多くの人が満たす基準ではありません。 …読み続けてください







日本では、返済が迫る中、COVID-19ローンの借り手に圧力がかかる
Source#日本では返済が迫る中COVID19ローンの借り手に圧力がかかる

Leave a Comment