日本でのペット所有率の低下とペットフード価格の上昇

東京1 月 19 日 (petfoodindustry.com) – 日本のペット業界は今年、ペット所有者のさらなる減少とペットフード価格の上昇を見越して、多くの取り組みを進めています。

日本ペットフード協会の会員への新年のメッセージの中で、児玉博光会長は、日本経済はパンデミックから回復することが期待されている一方で、同協会の2022年の犬猫繁殖に関する全国調査の結果が発表されたと述べた。は、ペット業界にとってさらに困難な 12 か月が続くことを示しています。

おそらく最大の問題は、パンデミック中にペットの所有が増加したにもかかわらず、日本人の一般人口の間でペットへの関心がどのように低下​​しているかということです.

昨年、新しい猫や犬を迎える日本の世帯数は​​、COVID-19 パンデミック前と比較して 10% 以上増加しました。 調査によると、2022 年に新たにペットとして飼われた犬は 426,000 頭 (2019 年は 350,000 頭)、新たにペットとして飼われた猫は 432,000 頭 (2019 年は 394,000 頭) でした。 その年は、日本全国で705万3000匹の犬と883万7000匹の猫、または1589万匹の犬と猫がペットとして飼われて締めくくられました。 …読み続けます


事業ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本でのペット所有率の低下とペットフード価格の上昇

Source#日本でのペット所有率の低下とペットフード価格の上昇

Leave a Comment