日本がCOVIDブースター注射を「可能な限り」発表する

日本は、政府の高官であるコロナウイルスのオミクロン変異体の蔓延に対する懸念が高まる中、COVID-19ワクチンの2回目と3回目の注射の現在の8か月の間隔を「可能な限り」短縮します。

フジテレビの番組で、木原誠二内閣次官は、政府が地方自治体と協力して、Moderna IncのCOVID-19ワクチンを使用して、間隔を少なくとも6か月に短縮するよう取り組んでいると述べました。承認待ち。 ブースターとして使用します。

看護師(右)は、2021年12月1日に東京の八王子でCOVID-19ブースターショットを受け取りました。(共同通信)

中央政府は当初、追加ワクチンの間隔を少なくとも8か月に設定していましたが、例外的なケースではその後6か月に短縮しました。 しかし、その後、「原則として8ヶ月」という政策を再検討し、地方自治体の混乱を招いた。

先週の水曜日、日本はファイザー社とバイオエヌテックが開発したワクチンの3回目の投与を、少なくとも8か月前に2回目の注射を受けた医療専門家に投与し始めました。

ファイザーワクチンは、現在、日本でブースター承認を受けている唯一のワクチンです。 しかし、政府は、ブースターショットは以前に投与された2つの注射とは異なるブランドのものである可能性があると述べています。

木原氏によると、ModernaのCOVID-19ワクチンは、ブースター注射や、承認されればミックスアンドマッチにも使用できるという。

「ワクチンがオミクロン株に対して有効であるという仮定に基づいてブースターワクチンを導入しています。Modernaブースターをすぐに受け取りたい高齢者がいることを願っています」と政府筋は述べています。

後藤茂之保健相はNHKのテレビ番組で「供給に問題はない」と述べ、政府は「混乱を避けるために注射の投与方法を検討する」と強調した。

。日本がCOVIDブースター注射を「可能な限り」発表する

Source#日本がCOVIDブースター注射を可能な限り発表する

Leave a Comment