日本が広島でG7サミットを主催し、平和のメッセージを送る

鳩は、2021年8月6日、広島市の米国原爆投下から76周年を迎えた平和記念公園で解放されました。 (共同通信)==共同通信

岸田文雄首相は、世界初の原爆攻撃で壊滅的な打撃を受けたこの都市は、平和のメッセージを送るのにふさわしい選択だと信じて、2023年に広島で7カ国グループのサミットを開催すると述べた。

この動きは、岸田文雄がアジアへの旅行の第2戦で東京でその日の早い時間に会った米国のジョー・バイデン大統領によって後押しされました。 彼らの首脳会談は、ロシアによるウクライナへの継続的な侵略と、核兵器の使用に訴えるモスクワの脅威の高まりを背景に開催されました。

岸田文雄の選挙区でもある広島でサミットを開催するという決定は、G7先進国の3つ(米国、英国、フランス)が所有しているにもかかわらず、核武装解除を推進する象徴的な動きと見なされています。核兵器。

残りのG7(カナダ、ドイツ、イタリア、欧州連合)も、岸田文雄が来年の首脳会談の開催地として広島を選んだことを支持している。政府報道官松野博一。

日本はドイツからグループの会長職を引き継ぐ予定です。

ジョー・バイデン米国大統領(左)と岸田文雄首相は、2022年5月23日に東京の州立ゲストハウスで会見した後、共同記者会見を開きます。(プール写真)(京堂)==京堂

岸田文雄首相は、首脳会談後のバイデンとの共同記者会見で、「原爆投下を経験した唯一の国である日本の首相として、私たちの平和へのコミットメントを示すのに広島に勝る場所はない」と述べた。

日本西部の都市は、1945年8月6日、米国による爆撃によって荒廃し、その年の終わりまでに推定14万人が死亡した。 3日後、2番目の原子爆弾が日本の南西部の長崎に投下されました。

広島の平和記念碑の前で、「世界の平和、秩序、価値観を守るために、バイデン大統領を含む他のG7首脳との一致を確認したい」と述べた。

岸田文雄は、月曜日のサミットでバイデンが共有した目標である、核兵器のない世界を推進してきました。

2016年にバラク・オバマ前米大統領が広島を訪れたとき、岸田は外相でした。バイデンは副大統領でした。

バイデン首相は、「G7サミットが故郷の広島で開催されるという首相の発表を歓迎する」と述べた。

来年サミットを主催する他の2つの候補地は、名古屋と福岡の日本の中央部と南西部の都市でした。

。日本が広島でG7サミットを主催し、平和のメッセージを送る
Source#日本が広島でG7サミットを主催し平和のメッセージを送る

Leave a Comment