日本が子供向けのCOVIDワクチン接種を開始

日本政府は今週、5歳から11歳までの子供が使用するコロナウイルスワクチンを自治体や医療施設に出荷し始めます。

その年齢層の予防接種は、月曜日の公的接種プログラムに正式に含まれます。

政府は、5月までに全国で合計約1200万回分のコロナウイルスワクチンを接種する予定です。 一部の地域では、早ければ今月から接種が開始される予定です。

この年齢層の子供たちの場合、ワクチンには12歳以上の子供たちの3分の1の用量が含まれます。 子供たちは3週間の間に2つのジャブを受け取ります。

12歳以上の人とは異なり、5〜11歳の子供は、オミクロン変異体に対する有効性を検証するための十分なデータがまだないため、コロナウイルスワクチンの接種を試みる必要はありません。

接種を受ける年齢層の子供には、親の同意も必要です。 保健省は、親に子供たちと徹底的に話し合い、決定を下す前に主治医に相談するよう呼びかけている。

同省は、呼吸器やその他の根本的な健康上の問題を抱える子供たちに、重度のCOVID症状を発症するリスクが高いため、ワクチン接種を勧めています。

同省は学校での集団予防接種を推奨していない。 子どもたちは、自治体の予防接種施設または診療所で個別に接種されます。

一部の市町村では、子どもの予防接種を支援する医師やスタッフを確保することが難しいと感じるかもしれないという懸念があります。 課題は、ショットを希望する子供とその親のためのシステムをどのように確保するかです。







日本が子供向けのCOVIDワクチン接種を開始
Source#日本が子供向けのCOVIDワクチン接種を開始

Leave a Comment