日本が外国人観光客を歓迎することを躊躇していることで企業はガタガタした

日本のビジネス界、特に観光セクターのビジネス界は、アジアの国の経済がコロナウイルスの大流行からの回復に苦労しているため、海外からの観光を再開することに対する過度に慎重な政府の政策に不安を感じています。

日本は今月初めに岸田文雄首相が他の7カ国グループと同等の規制を緩和すると述べた後、6月から海外からの到着の上限を2倍にして1日2万人に増やすことでCOVID-19国境管理をさらに緩和する予定です。 。

しかし、そのような国際的な到着には観光客は含まれておらず、政府は日本がいつ海外からの観光客を受け入れ始めるかをまだ示していません。

2022年4月7日、東京近郊の成田空港にある国際線到着ロビーに旅行者が集まる。(共同通信)

その結果、現在、パンデミックのために外国人観光客を拒否しているG7諸国は日本だけです。 日本旅行業協会によると、「日本や中国などごく限られた国」では外国人観光客を受け入れていません。

ただし、日本は来月から到着時に検査と検疫のルールを簡素化し、感染リスクレベルに応じて国と地域を3つのグループに分けます。 すべての国で、出発前にCOVID検査が引き続き必要になります。

全日本空輸の井上真一社長は、COVID-19の国境管理を緩和するという日本政府の政策を歓迎し、「これは素晴らしいニュースです。今もそうです。」

パンデミックが発生する前、日本は経済成長の重要な柱として観光業を後押しすることに熱心であり、2020年には4000万人の外国人観光客を引き付けることを目標としていました。

世界的な健康危機により、日本への外国人観光客の数は大幅に減少し、コロナウイルスのオミクロン変異体の国内発生を防ぐために、昨年11月下旬に外国人の新規入国を禁止しました。

今年3月、政府は国境管理政策を緩和し、1日あたり5,000人の外国人ビジネス旅行者を許可し、それ以来段階的に上限を緩和しました。

2022年3月15日、東京の羽田空港で、日本航空と全日本空輸の2つの主要航空会社による国際線の飛行機。(京堂)

オミクロンが非常に伝染性の高い亜種として報告されてから数か月後、世界中の国々がその広がりを制限するためにスクランブルをかけた後、今ではほぼすべての国で発見されています。 予防接種はほとんどの先進国で進歩しています。

航空会社の幹部は、「予防接種が進行中であるため、(日本政府が)国民を何から守っているのかわからない」と述べた。

日本経済団体連合会の十倉雅和会長は5月9日記者会見で、「ゴールデンウィークの休暇中に多くの日本人が観光やレジャーのために海外に旅行した。一方、日本はまだ外国人が観光のために日本に入ることを許可していない。 「」

「相互主義は世界の常識であり、現実的な議論が行われることを期待している。円安は日本を訪れる観光客にとっても絶好の機会である」と日本で最も強力なビジネスロビーの責任者は述べた。

日本経済団体連合会の十倉雅和会長が、2022年3月9日に福岡で行われた記者会見で講演しました。(共同通信)

最近の政府データによると、日本経済は、COVID-19の規制による消費の低迷の中で、前四半期から1月から3月の期間に年率1.0%で縮小しました。

他のG7諸国のほとんどの人々は、オミクロン感染の波が終わったのでマスクを脱ぎましたが、日本政府が一般向けのガイダンスを更新したのは先週だけでした。会話。

ビジネスリーダーは、その厳格なCOVID-19政策に対して政府を批判することがよくありますが、そのような措置が経済成長を危うくすることを恐れて、急速に高齢化する国の一般大衆はそれを支持しているようです。

厳格なCOVID-19対策にもかかわらず、岸田文雄は昨年10月に政権を握って以来、支持率は低下しておらず、先週の共同通信の最新の調査では、国民の支持が過去最高の61.5%に達した。

観光庁は月曜日、海外からの観光再開の可能性を評価するための一連の小規模ツアーの最初として、米国からの7人が日本を訪問する予定であると述べた。

代理店によると、今月はオーストラリア、シンガポール、タイ、アメリカから約50人が小規模なツアーで来日し、日本人のツアーガイドと一緒に様々な観光スポットを訪れる予定だという。

「大阪関西万国博覧会が(2025年に)開催されるので、より多くの外国人を日本のファンに引き付けるためだけに、日本が早く開かれることを望んでいる」と戸倉氏は語った。

。日本が外国人観光客を歓迎することを躊躇していることで企業はガタガタした
Source#日本が外国人観光客を歓迎することを躊躇していることで企業はガタガタした

Leave a Comment