日本が国益に基づいて北京大会を決定する:岸田首相

岸田文雄首相は、米国が外交ボイコットを発表した後、国益に基づいて、日本が北京冬季オリンピックに役員を派遣するかどうかを決定すると発表した。

岸田文雄氏は記者団に対し、「国益の観点から、自らの判断を下したい」と語った。

日本の岸田文雄首相は、米国が北京での2022年冬季オリンピックの外交的ボイコットを発表した後、2021年12月7日に東京の彼のオフィスで記者団に話しかけます。 岸田文雄氏は、日本は国益に基づいてオリンピックへの参加規模を決定すると述べた。 (共同通信)==共同通信

林芳正外相は、2月上旬に開催される冬季オリンピックに出場するための政府の立場はまだ決まっていないと語った。

ホワイトハウス報道官のジェン・サキが、米国政府が北京オリンピックとパラリンピックに人権侵害の疑いを理由に外交的または公式の代表を送らないことを決定したと述べた後、コメントがなされた。新江で。」 あなたの推論として。

林氏は記者会見で、「さまざまな要素を総合的に考慮して、試合に対する政府の対応を適切な時期に決定する」と述べた。

「日本は、自由、基本的人権の尊重、法の支配など、国際社会の普遍的な価値が中国でも保証されることが重要であると信じている」と林氏は述べ、これらの問題は政府が決定を下すとき、カウントで対処されます。

来年の日中外交正常化50周年を前に、安全保障の主要パートナーであるワシントンと最大の貿易相手国である北京との間でさまざまな分野での競争が激化する中、東京は困難な決断に直面するだろう。

岸田文雄は10月初旬に就任して以来、中国との関係で微妙な均衡を図り、軍事経済大国としてのアジア太平洋地域への影響力を強めている。

中国政府は、新疆ウイグル自治区西部のウイグル人イスラム教徒の少数派の扱いについて国際的な監視下に置かれています。これには、大量の恣意的拘禁、強制的な不妊手術、強制労働が含まれると米国政府は述べています。

2022年の北京冬季オリンピックの公式エンブレムは、2021年1月10日に中国の張家口で展示されます。(京堂)

中国は、米国の発表に先立って、スポーツを「政治化」する外交ボイコットの考えに強い反対を表明し、そのような行動が実行された場合に対抗策を講じると脅迫して、主張を否定しました。

北京はまた、コロナウイルスのパンデミックのために1年間延期された後、中国が今年の夏に「東京オリンピックの開催で日本を全面的に支援した」と言って、東京に北京大会を支持するよう促している。

サキ氏は、米国は同盟国に最新の決定を通知したと述べ、ワシントンは彼らに彼ら自身の決定をさせるだろうと付け加えた。 伝えられるところによると、英国とオーストラリアは外交ボイコットを検討している。

一方、中国はロシアのウラジーミル・プーチン大統領を北京オリンピックの開会式に招待する準備をしている。

中国のテニススター、彭帥が11月初旬に元中国副首相に性的暴行を受けたと主張した後、一時的に失踪したことを受けて、中国の人権問題への懸念が新たになりました。

。日本が国益に基づいて北京大会を決定する:岸田首相

Source#日本が国益に基づいて北京大会を決定する岸田首相

Leave a Comment