日本がワールドカップ予選でカザフスタンを73対48で下す

日本は火曜日、バスケットボールのアジア ワールド カップ予選グループ F の第 2 ラウンドでカザフスタンに 73-48 で勝利したと主張し、沖縄アリーナで 27-27 の引き分けで第 2 四半期を終えた後、活気を取り戻しました。

すでに来年の大会の共催国となっている日本は、ニック・ファゼカスの序盤の 3 回のディフェンシブ リバウンドと、合計 5 回のスティールと 7 回のスティールを記録した川村勇輝のオールラウンドな貢献に助けられ、第 3 クォーターで 12 ポイントリードしました。アシストします。

2022 年 8 月 30 日、沖縄アリーナで開催されたアジア ワールド カップ予選グループ F の第 2 ラウンドで、カザフスタンとの試合の第 1 クォーター中にシュートを放つ日本のニック ファゼカス。 (経堂)

来年のトーナメントの会場の 1 つで、最初の 2 クォーターでわずか 14 のディフェンシブリバウンドを獲得し、第 3 クォーターで 10 だけで、全体的なディフェンスが向上したことで、アカツキ ジャパンは切望されていた後押しとなりました。試合終了。

38位の西田雄大がフロアからのシュート10本中6本で13得点を挙げ、日本をリードし、馬場雄大の11得点がそれに続いた。

アントン・ビコフが16本のシュートで18ポイントを獲得した世界68位のカザフスタンは、リバウンドで日本を50対40で上回ったが、シュート成功率はわずか28.6%で、終盤まで争いを続けることができなかった。

2023年のFIBAワールドカップは、日本、インドネシア、フィリピンで共催されます。


関連記事:

バスケットボール:日本のスターフォワード渡辺雄太がブルックリン・ネッツと契約

バスケットボール:ワールドカップ予選で日本がイランに敗れる中、ババがスター

バスケットボール:馬場雄大が得点トップ、日本がイランを破りシリーズを席巻


.日本がワールドカップ予選でカザフスタンを73対48で下す
Source#日本がワールドカップ予選でカザフスタンを73対48で下す

Leave a Comment