日本がドイツに2-1で勝利

ドーハ11月24日(sen.com.au) – カタールで開催された 2022 FIFA ワールド カップで、日本は一夜にして大きな番狂わせを演じました。

アジアの国は、ドーハのハリファ国際スタジアムで行われたグループ E の開幕戦で、ヨーロッパの巨人ドイツを 2 対 1 で破りました。

2014 年のワールドカップ優勝者であるディー マンシャフトは、26 本のシュートを放ち、70% 以上のポゼッション率で試合を支配しましたが、終盤はブルー サムライの方が効率的でした。

33分、先制した左サイドバックのダビド・ラウムが日本のGKシュイチ・ゴンダにファウルされた後、イルカイ・ギュンドアンがペナルティースポットから先制点を奪った。

その後ドイツはカイ・ハフェルツの至近距離からシュートを放ったが、日本が先に同様の失点を喫した後、VAR によりオフサイドの判定を受けた。

しかし、75分に途中出場の堂安律がマヌエル・ノイアーのセーブに続いて同点ゴールを決めたとき、日本人は躊躇しませんでした。

そして再び後半交代となり、浅野拓磨が主人公となった。 彼は優れたソロの努力をし、ハイボールをコントロールしてからボックスに深く打ち込み、ノイアーをタイトな角度から打ち負かしました。 …読み続けます


スポーツページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本がドイツに2-1で勝利

Source#日本がドイツに21で勝利

Leave a Comment