日本がオミクロンの準備をしている間、当局は密接な接触を検疫する準備をしています

日本がCOVID-19オミクロンの亜種の蔓延を防ぐために、より広いネットワークを展開し始めると、中央政府と地方自治体は、感染していると確認された人々と密接に接触している人々のために十分な検疫施設を確保するために戦っています。伝染性の高いウイルス。 。

火曜日に、政府は、中央政府または地方政府の役人によって監視されている施設で、オミクロンのすべての密接な連絡先を14日間隔離するように命じました。 これまで、緊密な連絡先は自宅で隔離することが許可されていました。

松野博一内閣官房長官は、「保健省は本日、県政府に対し、感染の急増に対応できるよう、当初から準備を開始するよう通知した」と述べた。 「これにより、必要なシステムが整っていることを望んでいます。」

岸田文雄首相は火曜日、日本は「当面の間」外国人の訪問を禁止し続けると述べた。 先月末から施行されていた政策は12月31日に終了する予定だったが、今は正月まで続く。 日本はまた、すべてのCOVID-19症例を検査して、それらがオミクロン変異体に関係しているかどうかを確認する予定であると彼は述べた。

岸田文雄氏は記者会見で、「感染を封じ込めるための対策を強化する」と述べた。

日本で検出されたオミクロンの症例が徐々に増加しているにもかかわらず、岸田は人々に本質的でない外出を控えるように求めることをやめました。

「海外の専門家の中には、オミクロンの蔓延を防ぐために、風邪のような症状がある場合は外出を控えるように人々に促している人もいます。 日本では地域感染は見られませんが、必ず予防策を講じてください」と語った。







日本がオミクロンの準備をしている間、当局は密接な接触を検疫する準備をしています

Source#日本がオミクロンの準備をしている間当局は密接な接触を検疫する準備をしています

Leave a Comment