日本、米国が日本の宇宙飛行士による月面着陸に協力する

日米両国は、来週のジョー・バイデン米大統領が東京を訪れた際に発表される文書で、日本の宇宙飛行士による将来の月面着陸を実現するという「共通の野心」を発表する予定だと、関係筋は木曜日に語った。

日本の岸田文雄首相とバイデン首相が発表するこの発表は、月探査を進め、最終的には火星への宇宙飛行士の派遣を目的とした米国主導の国際的な取り組みであるアルテミスプロジェクトの一環となる。

月軌道プラットフォーム(R)と日本の無人補給車のコンセプトイメージ。 (JAXA提供)(京堂)

月曜日の首脳会談後に発表されるこの文書には、今後数十年にわたって宇宙探査における二国間協力を拡大することに関する協定を2023年に締結する計画も含まれると情報筋は述べた。

両国政府は、二国間関係を定めたファクトシートに合意を記載するための取り決めを行っている、と情報筋は述べた。

米国航空宇宙局によって提案されたアルテミス月探査プロジェクトは、1969年から1972年にかけて12人の宇宙飛行士を月に派遣したアポロ計画の後継です。

このプロジェクトには、月面を周回する小型宇宙船、ゲートウェイ、住宅および発電施設、および月面の宇宙探査機が含まれます。

日本政府は2019年10月に、宇宙飛行士を月に着陸させる2番目の国になることを目指してプロジェクトに参加することを発表しました。 このプロジェクトでは、同じくヨーロッパが推進しており、日本は無人補給船を使用して補給品を輸送することを計画しています。

岸田文雄氏は昨年12月の宇宙開発戦略に関する政府会議で、「2020年代後半に日本の宇宙飛行士による月面着陸の実現を目指している」と語った。

外交筋によると、バイデン氏が昨年就任して以来初めての日曜日から火曜日までの訪日中に、大統領は東京の宇宙関連施設への訪問を検討しているという。

米国は、経済や軍事分野でますます重要になっている宇宙やハイテクに関連して、中国やロシアとの競争を激化させています。

施設「X-日本橋タワー」は、宇宙航空研究開発機構、宇宙関連事業、学術などのプロジェクトのハブとして2020年にオープンしました。


関連する報道:

日本、米国の指導者がウクライナ戦争の中で台湾をめぐる調整を確認

バイデン訪問中に米国主導の経済枠組みに参加する日本

日本の宇宙機関が13年ぶりに宇宙飛行士の募集を開始


。日本、米国が日本の宇宙飛行士による月面着陸に協力する
Source#日本米国が日本の宇宙飛行士による月面着陸に協力する

Leave a Comment