日本、太平洋諸国は、ソロモンとの中国の協定に関する懸念を共有している

日本、フィジー、パラオは、中国が最近ソロモン諸島と締結した安全保障協定について同じ懸念を共有している、林芳正外相は日曜日、太平洋島嶼国への旅行を締めくくったと述べた。

林氏はパラオのオンライン記者会見で、この協定は太平洋の安全保障に「重大な影響」を与える可能性があり、東京は地域の安定と繁栄を確保するために米国、オーストラリア、ニュージーランドとの協力を強化すると述べた。

「中国とソロモン諸島の安全保障協力に関する合意がこの地域の安全保障環境に大きな影響を与える可能性があるという日本の懸念を伝えた。太平洋島嶼国も同様の見解を示した」と彼は述べた。

日本の林芳正外相(R)は、2022年5月8日にパラオでスランゲルウィップス大統領と会談します。(写真提供:日本の外務省)(京堂)

林は、パラオのスランゲル・ウィップス大統領とグスタフ・アイタロ国務大臣と、国内で最も人口の多い都市コロールで別々に会談した後、コメントした。

土曜日、日本の大臣は、フィジーの首都スバで、外相を兼務するフィジーのバイニマラマ首相と会談した。

先月発表されたソロモン諸島との中国の安全保障協定が、この地域での北京の軍事的プレゼンスの高まりに照らして、他の小さな太平洋島嶼国がより警戒するようになったので、林の旅行は来ました。

詳細は不明であるが、治安協定により、中国は島に軍隊を配備し、船を停泊させることができると伝えられている。

日曜日、林とホイップスは、自由で開かれたインド太平洋を追求するために二国間関係を強化することに合意した。これは、東京とワシントンが提唱し、この地域における北京の軍事的および経済的影響力に対抗するものとして広く見られている。

別の会議で、林とアイタロは、ロシアがウクライナに対して継続的に攻撃していることを強く非難し、土曜日に潜水艦発射弾道ミサイルが発射された疑いを含む、最近の北朝鮮の弾道ミサイル発射に対処するために協力することを懇願した。日本の外務省に。

ソロモン諸島とキリバスが台湾から北京に外交関係を切り替えるように促した太平洋での中国の影響力の増大にもかかわらず、パラオは台北との外交関係を維持しました。 フィジーは1975年に中国と外交関係を樹立し、太平洋島嶼国としては初めての関係を築きました。

。日本、太平洋諸国は、ソロモンとの中国の協定に関する懸念を共有している
Source#日本太平洋諸国はソロモンとの中国の協定に関する懸念を共有している

Leave a Comment