日本、中国が1年以上開催されていない食品輸入禁止について話し合う

北京の日本食品の輸入禁止をめぐる日中協議は一年以上行われていない、と二国間関係に詳しい筋は共同通信に最近語った。

中国は二国間関係が悪化する中、交渉のまとめを求める日本の要請に応えていないため、いつ解禁されるかは不確実であり、行き詰まりは中国の主要な太平洋自由貿易協定への加盟に関する議論に影響を与える可能性がある。

2011年の福島原発事故を受けて、北京は放射能汚染のリスクを理由に福島と他のいくつかの県からの食品の輸入を禁止した。 情報筋によると、日本は中国に対し、解禁を議論するために設立したパネルの第3回会合を開くよう要請している。

2020年11月、東京が中国市場での日本食の販売拡大を目指してパネルを設置することで両国の外相が合意し、米国と対立していた北京が日本との関係を改善することを望んでいた。

ファイル写真は、2020年11月に東京で日本の茂木敏充外相(正面R)が中国の王毅外相(反対側)と会談したことを示しています。(京堂)

情報筋によると、パネルの関係者は、2020年12月と2021年2月に開催された仮想会議で会合した。

しかし、2021年11月の日本が、福島の不自由な原子力発電所から処理済みの放射性水を海に放出するという日本の決定に対する明らかな抗議で、パネルトークを開催することに中国は同意しなかった。

中国当局が今年2月に情報を違法に収集したとして北京に日本人外交官を一時的に拘留したため、二国間関係はさらに悪化した。

中国は、福島と近隣の8県からのすべての食品、および新潟県からの米を除く食品の輸入を禁止している。

昨年9月、北京は環太平洋パートナーシップの包括的かつ進歩的な協定として正式に知られている貿易協定への参加を申請しました。

貿易協定は、加盟国が食品の輸入を不当に制限しないことを要求しています。 日本政府筋は、輸入禁止の問題が解決されない限り、中国の協定への加盟に対する前向きなムードを日本で作り出すことはできないと述べた。

。日本、中国が1年以上開催されていない食品輸入禁止について話し合う
Source#日本中国が1年以上開催されていない食品輸入禁止について話し合う

Leave a Comment