日本、タリバンから逃れてきたアフガン人98人に難民認定

政府筋によると、昨年8月にタリバンが政権に復帰して以来、日本はアフガニスタンから逃れた98人に難民の地位を与えた、と政府筋は火曜日に述べた。

カブールの日本大使館に勤務していた職員とその家族からなる新たに認定された難民の数は、2021年に日本が受け入れた過去最高の74人の難民を超えました。

2021 年 10 月に撮影されたファイル写真は、東京近くの成田空港に到着したアフガニスタン人のグループを示しています。 (経堂)

日本のアフガン難民認定は、ミャンマーやウクライナなど紛争国からの難民受け入れに影響を与える可能性がある。

アフガニスタンの元政府高官や彼らの協力者と見なされた人々に対する攻撃が続く中、アフガニスタンを離れた難民は、日本に逃れた800人以上のアフガニスタン人の中に含まれていました。

避難者の中には、国際協力機構や民間団体で働く人々やその家族も含まれています。

彼らは、前政権と関係のある外国に協力したとしてタリバン支持者の標的にされる危険に直面した後、官民の支援を受けて日本に避難した.

タリバンは、20年にわたる戦争の後、国から軍隊を撤退させるという米国の決定を受けて、当時のアシュラフ・ガニ大統領が率いる政府を転覆させた後、昨年、権力を取り戻した.

日本政府は先週の金曜日、避難者の安全などの人道的懸念を考慮した後、98 人のアフガン難民の地位を認めた、と情報筋は述べた。

しかし、難民支援に携わる関係者によると、日本の非政府組織で働いていたり、かつて日本に留学していた人たちの中には、身の危険を感じてこの国に定住したいと考えている人が数多くいるため、将来的にはより多くのアフガニスタン人避難者が難民として認められる可能性があります。 .

昨年、日本は 1982 年に難民認定を開始して以来、最大数の難民を受け入れましたが、人権の専門家から、国際基準を満たしていないと批判されてきました。毎年10,000人以上の難民。

国連難民高等弁務官事務所によると、過去 1 年半で少なくとも 18 万人がアフガニスタンから逃れました。

日本は米国などと歩調を合わせ、アフガンからの避難者を「短期滞在」の特例で90日間受け入れている。

出入国在留管理庁は、90日を過ぎても意思に反して退去強制送還しないよう求められていることから、出入国在留管理庁は、就労可能な「特定活動」ビザを付与することで、一定の条件の下で1年間滞在することを許可しました。

2021年に日本が難民認定した74人のうち、9人がアフガニスタン国民でした。

新たに認定された 98 人のアフガン難民は、5 年間の滞在期間が与えられ、要件を満たしていれば永住権を申請する資格があります。

.日本、タリバンから逃れてきたアフガン人98人に難民認定
Source#日本タリバンから逃れてきたアフガン人98人に難民認定

Leave a Comment