日本、ウクライナのトップ外交官はロシアに強い制裁を続けることに同意する

日本とウクライナの外相は金曜日、戦争が緩和の兆しを見せていない今、ウクライナの侵略に対してロシアに対する強力な制裁を維持するために国際社会が団結し続けるべきであることに合意した。

林芳正外相は、ドイツ北部のヴァイセンハウスでウクライナのドミトロ・クレーバ首相と会談した際、ロシアは「残虐行為について責任を問われる」必要があると述べ、その行動を「容認できない」と述べた。

日本の林芳正外相(左)とウクライナのドミトロ・クレーバ外相は、2022年5月13日にドイツのヴァイセンハウスで会談します。 (写真提供:外務省)(京堂)

モスクワは、ウクライナの北東部でロシア軍が犯したとされる人権侵害について、国連の人権委員会によって監視されています。

彼らの話し合いは、7つの主要先進国のグループがモスクワへの圧力を強め、モスクワに対する経済制裁を強化し、ロシアのエネルギー資源への依存を減らすことを約束したときに行われました。 ロシアは2月24日に隣国への軍事攻撃を開始しました。

土曜日までの3日間のG7外相会議の傍観者会議で、クレバは、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領がロシアの石油輸入を段階的に廃止するという日本の最近の決定を非常に高く評価していると林に語ったと同省によって引用された。

林氏はまた、G-7の回転議長を務めるドイツのアンナレーナ・ベアボック外相と、副首相を兼務するモルドバのニク・ポペスク外相と別々の会合を開いた。

林首相とベアボック首相は、欧州とインド太平洋地域の安全は切り離せないものであり、一方的に現状を無理矢理変えようとする試みは、世界のどこでも受け入れられないという見解を共有した。

日本は来年G7議長国を引き継ぐでしょう。

林氏は、ポペスクとの会談で、ウクライナと国境を接しているモルドバが、人口が少ないにもかかわらず多くのウクライナ難民を受け入れたことを称賛した。 同省によると、ポペスクは、ロシアのウクライナ侵攻に続いて緊張が高まっているモルドバ東部の親ロシア離脱地域であるトランスニストリアの状況を説明した。

ウクライナは、モルドバとインドネシアとともに、G7外相会合の議論の一部に参加するよう招待されました。

G-7は、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国、および欧州連合で構成されています。


関連する報道:

日本は、ロシアに対するG7の統一について、英国、カナダ、フランスに同意する

日本、EUは自由で開かれたインド太平洋を求め、ウクライナをめぐって協力することに同意する

日本はロシアのズベルバンク、アルファ銀行の資産をウクライナ上空で凍結


。日本、ウクライナのトップ外交官はロシアに強い制裁を続けることに同意する
Source#日本ウクライナのトップ外交官はロシアに強い制裁を続けることに同意する

Leave a Comment