新型コロナウイルス感染症の再燃で日本経済は逆風に直面

© 新華社提供

専門家は、日本の実質所得の低下が物価上昇の中で家計支出を抑制し、日本の経済回復は国内外からのさまざまなリスクの中で複数の逆風に直面していると指摘した.

東京 8 月 22 日 (新華社通信) — 内閣府は最近、日本の国内総生産 (GDP) が 4 月から 6 月にかけて年率換算で 2.2% 増加したと発表しましたが、アナリストは、日本経済は勢いに欠けており、2018 年には複数の逆風に直面していると考えています。未来。

数値は前四半期から 0.5% 上昇しましたが、上昇幅は市場の予想を下回りました。

公式データによると、同四半期の日本の成長は完全に内需に牽引されており、経済成長に 0.5 パーセント ポイント貢献しています。

外需面では、輸出の伸びによる貢献は、エネルギーと資源商品の高騰による輸入の急増によって完全に相殺されました。

公式データによると、第 2 四半期には、外食や宿泊施設を含む日本のサービス部門がペースを上げ、個人消費は前月比 1.1% 増加しました。

国内需要のもう一つの柱産業である企業の設備投資は、前四半期の減少から1.4%増加しました。 月ベースでは、住宅投資は前四半期からさらに 1.9% 減少しました。

地元のメディアやアナリストによると、日本経済の半分以上を占める個人消費は、第 2 四半期に伸びが鈍く、予想通りの回復は見られなかった。

© 新華社提供

日本の総務省が実施した調査によると、第 2 四半期の実質家計所得は前年同期から 2% 減少し、実質個人消費は 0.7% 減少しました。

専門家は、日本の実質所得の低下が物価上昇の中で家計支出を抑制し、日本経済の回復は国内外からのさまざまなリスクの中で依然として複数の逆風に直面していると指摘しています。

COVID-19 感染の第 7 波の中で、国は 8 月 8 日から 8 月 14 日までの週に 1,395,301 の症例を報告しました。組織。

政府は経済活動を制限する措置を講じていませんが、多くの消費者は依然として外出を控えています。

毎日何十万人もの新たに感染した人や濃厚接触者が検疫のために自宅待機を余儀なくされ、工場の通常の操業に影響を与え、供給側の制約を悪化させているため、経済は深刻な労働力不足に陥っています。

ここのアナリストはまた、米国経済の不況も世界の成長環境を悪化させるだろうと指摘した. 国際通貨基金 (IMF) は、米国経済の急速な冷え込みが必然的に世界経済に打撃を与えるため、2022 年の世界経済成長率の予測を 3.2% に引き下げました。

日本の内閣府は最近、米国の景気後退が世界経済に大きな下振れリスクをもたらす可能性があることを考慮して、今年度の経済成長予測を年初の 3.2% から 2% に引き下げる報告書を発表しました。日本の外需回復。

専門家らは、岸田文雄首相が力を入れてきた日本の経済・安全保障政策も、経済安全保障法を中心に様々な具体的な政令が導入されると予想されており、今後の日本経済に逆風をもたらす可能性が高いと指摘している。 5月に可決され、企業の負担が増える可能性があります。

NLI総合研究所の矢島康秀チーフエコノミストは、岸田氏が「経済成長を犠牲にしても安全を優先する」ことを懸念していた.

.新型コロナウイルス感染症の再燃で日本経済は逆風に直面
Source#新型コロナウイルス感染症の再燃で日本経済は逆風に直面

Leave a Comment