新しい形態の経済活動に関連する未報告の収入は200億元に達する

政府によると、日本の人々は、シェアリングエコノミーを含む新しい形態の経済活動に関連する合計201億円の課税所得を6月までの1年間に報告しなかった。

国税庁によると、1件あたりの違約金は494万円で、その年の未申告所得の全件数の平均の1.8倍でした。

シェアリングエコノミーは、商品、場所、スキルをインターネット経由で貸し借りする経済モデルです。

代理店は、二次的な仕事として新しい経済活動に参加する多くの人々は、彼らが税申告手続きに慣れていないので、彼らの収入を正しく報告しないと信じています。

全国の政府機関の地方税務署は、新しい形態の経済に関係する合計1,071件の事件を調査しました。

これらのうち、432件は通貨または暗号資産の証拠金取引に関連し、208件はオンライン購入またはオークションに関連し、191件はプライベートホスティングサービスの一種である民泊に関連していました。







新しい形態の経済活動に関連する未報告の収入は200億元に達する

Source#新しい形態の経済活動に関連する未報告の収入は200億元に達する

Leave a Comment