新しいパンデミックが人気の東京パンダ動物園の中国への帰国を遅らせる

東京都は火曜日、コロナウイルスのパンデミックの中で輸送が困難になったため、中国から寄贈された巨大なパンダの人気のある女性の子孫の返還を来年6月まで延期することに中国当局と合意したと述べた。

2017年6月に上野動物園で生まれた翔翔は、もともと2歳の誕生日に日本を離れる予定でしたが、人気を理由に2020年末まで貸与期間を延長することで合意しました。 それ以来、彼の帰国はパンデミックのために繰り返し延期されてきました。

ジャイアントパンダの翔翔は、2021年12月6日に東京の上野動物園に登場します。(写真提供:東京動物園協会)(経堂)

昨年12月、両党はまた、両親であるリリとシンシンの帰国期限を2021年2月から約5年間延期することに合意した。2匹のパンダは2011年2月に日本に到着した。

動物園によると、翔翔は出生時の147グラムから先週の日曜日に88キログラムに成長しました。 6月に両親が双子のパンダを出産した後、彼女は姉になりました。

。新しいパンデミックが人気の東京パンダ動物園の中国への帰国を遅らせる

Source#新しいパンデミックが人気の東京パンダ動物園の中国への帰国を遅らせる

Leave a Comment