攻撃はワールドカップの前に日本のために手招きを再考します

火曜日の夜の日本のチュニジアに対する過ちを犯した大失敗は、キリンカップ決勝の前に森保一のサムライブルーを取り巻くポジティブのほとんどを暴くのに十分なほどひどいものでした。

大阪のホームファンの前での3-0の屈辱は、変装した祝福かもしれませんが、カタールでのワールドカップまでの時間がほとんどないまま、最終的にマネージャーに彼の側を揺さぶる、特に彼らの鈍い攻撃を強いる場合。

2022年6月14日、大阪府吹田市のパナソニックスタジアムで行われた国際親善試合でチュニジアに3-0で敗れた日本代表は、落胆しているようだ。(京堂)==京堂

グループEでは、ドイツとスペインの大国とともに、日本は火曜日の最終予選コスタリカとの2回目の試合と同じくらい多くの時間をボールで見ることができると期待できます。

日本のノックアウトステージの希望にとって必勝のゲームとなるものでは、キーパーのキーラー・ナバスを超えて単一のゴールを達成できなかった場合、キャンペーンは事実上終了します。

「私が得点したなら、試合はまったく違っていただろう。それはとても簡単だ」と、通常は信頼できる南野拓実と並んで、チュニジアに対して前半の2つの大きなチャンスを生み出した鎌田大地は語った。

「ワールドカップの前に、このようなゲームでこれらのミスを犯したことをプラスにする必要があります。」

森保は「最後の3分の1でパスをまとめる」ことが問題であることをよく知っている。

「チャンスを作るためにボールをより速く動かす必要があります…そして、シュートの位置に身を置くためにも、ビルドアップの質を上げる必要があります」と彼は言いました。

アジアの最終予選ラウンド以来、特に才能の豊富さを考えると、日本はより多くのことを提供できるという最優先の気持ちがありました。

今月のパラグアイとガーナに対する快適な4-1の勝利は、楽観的な理由を提供しましたが、ガーナが非常に枯渇した側を守った一方で、パラグアイはワールドカップの出場権を獲得できませんでした。

4試合の実際のテストでブラジルとチュニジアのどちらに対しても狙いを定めていないため、森保の攻撃的な選択は疑問視されるに違いない。

南野は依然として第一選択の左ウイングであるが、リバプールと同じように中央付近とボックス内で最も脅威に見えた。彼が素晴らしい左足のコントロールとフィニッシュを示したときにオフサイドに支配された動きで示された。

古橋亨吾はセルティックでの驚異的な得点記録にもかかわらず、周辺に留まり、サービスを欠いていた。一方、仲間の代理人である堂安律と久保建英は物事を混同しようとしたが、試合を見て幸せな満員の守備を切り開くことができなかった。

アジアの予選ヒーローである伊東純也と三笘薫は、今月も各側面で優れた真の脅威であり続けましたが、チームメイトとの交流は、チームメイトの内部または背後でほとんど行われず、2倍または3倍の単純な仕事で敵の防御を残しました。

マネージャーのゲーム内フォーメーションの変更も、まだ望ましい効果をもたらしていません。

チュニジアの試合後、ミトマは「攻撃のバリエーションやショットはほとんどない」と語った。 「私たちは自分たちの間でそれについて話し合う必要があります。」

日本の守備の脆弱性も明らかになり、ミッドフィールダーの遠藤航が何度も処分され、キャプテンの吉田麻也が後半の3つのミスでチュニジアのゴールにつながった。

避けられないミスから4試合で6ゴールすべてが認められた森保一は、ピッチの両端で修正すべき点があります。

板倉滉と伊藤洋輝がバックラインに登場することで前向きになり、多くのチームメンバーに試合時間をうまく渡す一方で、森保は潜在能力を誇るがまだ真に実現されていない側面に思慮深い仕上げを施す必要があります。 。。


関連する報道:

サッカー:日本はチュニジアに3-0で敗れ、ワールドカップのウェイクアップコールを手渡した

サッカー:コスタリカの日本にとってのタフなワールドカップの対戦相手、森保は言う

サッカー:ワールドカップのウォームアップで日本がガーナを4-1で下したミトマ


。攻撃はワールドカップの前に日本のために手招きを再考します
Source#攻撃はワールドカップの前に日本のために手招きを再考します

Leave a Comment