成人式で愛子内親王の新しいティアラはありません

伝統との決別で、愛子内親王は、その機会を記念して新しいティアラを用意する代わりに、成人式で叔母のティアラを着用します。

12月1日、今上天皇徳皇后と皇后雅子の娘である愛子内親王は、日本の成年である20歳になります。 彼の研究に影響を与えないために、彼の成人を記念して、12月5日日曜日に祝賀式典が開催されます。

皇室には、王女が20歳になると、新しいティアラを受け取るという伝統があります。 しかし、この場合、多くの日本人がCOVID-19の大流行の中で苦しんでいる間、愛子内親王は、2005年11月に皇室を去った皇帝の妹である叔母の黒田清子からティアラを借ります。

日本の王女は、儀式や宴会などの最も重要な公式の機会にティアラを着用します。 2019年5月1日に今上天皇が王位に就いたとき、雅子皇后は古代の皇后から受け継いだティアラを身に着けていました。

愛子のティアラの製作についてお話しました。 本日の会議で、宮内庁は、皇帝と皇后両陛下の長女である愛子は、来月の成人期に宝石で飾られた髪飾りのティアラを生産しなかったと述べました。 これまでに生み出した女性王室は、インターネットなどでお金を無駄にしているとの批判を受けており、「ティアラが必要だ。お金の無駄だという批判はない」と主張した。 –Tele East BIZ







成人式で愛子内親王の新しいティアラはありません

Source#成人式で愛子内親王の新しいティアラはありません

Leave a Comment