慢性的な頭痛をもたらす東京オリンピックのレガシー会場

東京オリンピックの重要な遺産として請求されているものの、日本の国立競技場は、将来の危機に瀕している納税者の負担となっています。

もともと納税者のコストを削減するためにオリンピック後に民営化されることになっていたが、そのプロジェクトは予定よりはるかに遅れており、軌道に戻る兆しは見られない。

オリンピックが最初に開催される予定だった1年前の2019年に、政府は、会場を引き継ぐために潜在的な企業を公に採用するための具体的な民営化計画を決定しました。 しかし、そのタイムラインは同じ年に問題にぶつかりました。

セキュリティ上の理由から、スタジアムの詳細な計画を関心のある企業に開示することはできませんでした。 そのため、民営化プロジェクトはオリンピック後まで延期されました。 …読み続けて


スポーツページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

慢性的な頭痛をもたらす東京オリンピックのレガシー会場
Source#慢性的な頭痛をもたらす東京オリンピックのレガシー会場

Leave a Comment