愛子内親王は20歳になり、公務で両親を支援することを約束します

今上天皇皇帝と皇后雅子の一人娘である愛子内親王は、水曜日に20歳の誕生日を迎え、成人した今、両親の公務を可能な限り支援することを約束しました。

宮内庁の声明で、「自分を磨き、一歩一歩前進して、他人に役立つ大人になりたい」と語った。

王女の成人を記念する公式の儀式は、彼女が現在日本文学を研究している東京の学習院大学での授業を中断しないように、週末まで延期されました。

愛子内親王が2021年11月14日に東京の皇居に登場(写真提供:宮内庁)(切り抜き不可)(共同通信)

定期的な成人式記者会見も、大学が春休みになっている3月中旬に延期されました。

日曜日には、王女は皇族の祖先と日本の神々を奉献する神社を訪れて祈りを捧げ、父親は皇居で宝冠章の大祇園を授与します。

ティアラを着た正装を着た姫は、両親や祖父母、元天皇明仁、元皇后美智子にも挨拶をします。

皇帝と皇后両陛下の「愛情と注意深い育成」に感謝し、王女はまた「今日までの私の旅に携わったすべての人々」に感謝の意を表した。

彼女は、宮殿の出席者から良い願いを受け取った後、水曜日に両親と食事をして誕生日を祝います。

1947年の宮内庁が相続人を男性に限定しているため、皇位に昇格する資格のない愛子内親王は、元旦に皇室の成人として初めて一般公開される予定です。良い。 東京都心の皇居にサポーターが集まった。

「新しいコロナウイルスのために多くの人が亡くなったと聞いて心が痛む」と王女は声明の中で述べ、「平和で活気のある生活」が誰にとってもすぐに来ることを望んでいると付け加えた。

愛子内親王は2020年に学習院大学に入学し、コロナウイルスの大流行の中でオンラインクラスに参加しています。

彼女はまた、英語とスペイン語の語学コース、日本の歴史と伝統芸術のクラスを受講しており、課題に取り組む際に両親と意見を交換することもあると述べました。

9月、生涯の大半を過ごした赤坂御所から、両親とともに皇居に移り、皇居の成人としての責務を説明。

赤坂の邸宅から連れてきた犬「ゆり」や猫「みい」「七」の世話は相変わらず勤勉だそうです。

彼は動物と文学への愛情を反映して、高校を卒業する前に書いたレポートで、平安時代(794-1185)の文学作品に描かれている猫と犬に焦点を当てました。

王女が年をとるにつれ、未成年のままでいる皇室の唯一のメンバーは、皇帝の兄弟である文仁皇太子の15歳の息子である久仁王子です。 若い王子は日本の帝国の王位に次ぐ第2位です。

。愛子内親王は20歳になり、公務で両親を支援することを約束します

Source#愛子内親王は20歳になり公務で両親を支援することを約束します

Leave a Comment