後藤元厚生大臣が教会関係のチーフエコノミストの後任に

日本の岸田文夫首相は火曜日、物議を醸している統一教会との関係について批判の波の中で辞任した山極大四郎氏の後任として、後藤茂行元厚生大臣を経済再生担当大臣に任命した。

後藤氏は火曜日の夜、政府が物価上昇とコロナウイルスのパンデミックの影響を緩和するための追加の経済対策を決定する予定のわずか 3 日前に就任した。 彼の任命は、岸田が彼の党員と教会とのつながりを含む問題に関する内閣の支持率の低下を食い止めようとしているときに行われる.

2022年10月25日、岸田文雄首相が経済再生担当大臣に任命したことを受けて、後藤茂行元厚生労働大臣(中央)が東京の首相官邸で記者会見を行った。 後藤氏は、統一教会との関係を批判されて辞任した山極大四郎氏の後任となる。 (経堂) == 経堂

岸田氏は後藤氏の就任理由として、経済再生だけでなくパンデミック対策、首相の旗艦「新資本主義」政策の責任者など、政治経験とコミュニケーション能力を挙げた。

政府の経済対策について、後藤氏は記者会見で「1カ月以内にまとめられるよう最善を尽くす」と述べた。

いくつかの自民党員と統一教会との間に関係が浮上しているが、元財務省官僚である後藤氏は、教会と関係があると党が報告した125人の自民党議員の中にいない。 記者団に対し、正式には世界平和統一家族連合として知られる宗教団体とは「何の関係もない」と語った。

教会は、信者に経済的に破滅的な寄付を強要し、時には強制的に花瓶やその他のアイテムを法外な価格で購入するよう信者に圧力をかける「心霊販売」に従事していると非難されています.

松野官房長官も記者会見で、人事異動はあるものの、政府は月末までに経済対策を確実にまとめると強調した。

しかし、後藤氏が引き受ける役割の数は、前任者をすぐに拾う能力について懐疑的な見方を残し、内閣府の高官は「彼がすぐに追いつくことができないのではないかという懸念」を表明している. 彼らの責任の幅が広いからです。

山極氏は、統一教会との関係を繰り返し説明しなかったことに対する世論や野党議員からの批判を受けて、月曜日に岸田氏の下で辞任した最初の大臣になった. 彼の関係についての新たな告発が表面化するたびに、彼は「それらを覚えていない」と繰り返し答えた.

岸田首相は衆議院本会議で、会期中の大臣交代という異例の事態について「深くおわびする」と述べた。 また、「(山際氏を)任命した責任を重く受け止めている」と述べた。

しかし野党指導者は、首相が閣僚に対して行動を起こすには遅すぎると批判しており、最大の野党立憲民主党の和泉健太党首は、首相が効果的に解任する「決定を遅らせていた」と述べた.やまぎわ。

和泉氏は自民党に対し、教会と与党全体のつながりを徹底的に調査し、結果を公表するよう求めた。

2022 年 10 月 25 日、東京の皇居で行われた徳仁天皇との認定式典に出席する後藤茂行経済再生担当大臣(右端)。左から 2 番目が岸田文夫首相。 (集合写真)(経堂) ==経堂


関連記事:

日本の財務大臣が統一教会とのつながりを理由に辞任

FOCUS: 統一教会をめぐる大臣の辞任にもかかわらず、首相は生き残ることができる


後藤元厚生大臣が教会関係のチーフエコノミストの後任に

Source#後藤元厚生大臣が教会関係のチーフエコノミストの後任に

Leave a Comment