強い地震が日本の北海道を襲ったが、津波警報は発せられなかった

気象庁によると、一連の強い地震が木曜日の早朝、日本の最北端の本島である北海道を襲ったが、津波警報は発令されなかった。

地元警察によると、大きな被害の報告は今のところ受けていないという。 気象庁は、強い余震の可能性があることについて、被災地の人々に来週頃に注意を喚起するよう要請しました。

午前12時53分頃、震度5.4の予備震動が島北部を震撼させ、那珂川町で震度5強、町付近の多くの地域で震度4強を記録した。

当初、当局はマグニチュードを 5.3 と推定していましたが、後で修正しました。

町は午前 12 時 35 分頃に発生した最初の地震でも大きな打撃を受けました。この地震は推定マグニチュード 5.2、震度 5 弱でした。 当局はまた、地震の強さを当初の 5.1 から引き上げた。

地震の震源地は両方とも約 4 キロメートルの深さであった、と機関は述べ、それを以前の 10 キロメートルの見積もりから修正した。

中川町役場の担当者は「1回目は10秒ほどの短い揺れだったが、2回目は30秒ほど長く感じた」と話した。

「上下左右に揺れた」と当局者は付け加え、震えの結果として書類がオフィスの棚から落ちたことに言及した.

この地域は、中川で震度4を測定したものを含む、木曜日の早い時間に他の地震にも見舞われた.

.強い地震が日本の北海道を襲ったが、津波警報は発せられなかった
Source#強い地震が日本の北海道を襲ったが津波警報は発せられなかった

Leave a Comment