広島は77周年を迎えます。 核の脅威の中での原爆投下の

土曜日、広島は米国による原爆投下から 77 周年を迎えたが、ウクライナでの戦争の最中に核兵器に訴えるというロシアの繰り返しの脅威に対する日本や他の場所での懸念が高まっている。

松井一実少佐は、西部の都市での追悼式典での平和宣言で、ロシアの侵略で民間人の命が失われているにもかかわらず、核抑止力への依存が世界中で勢いを増していると警告した.

「すべての核ボタンをただちに無意味なものにしなければならない」と彼は言った。

2022 年 8 月 6 日、米国による広島への原爆投下から 77 年を迎える広島の平和記念公園で祈る人々。 (経堂)

国連のアントニオ・グテーレス事務総長も、爆心地近くの平和記念公園で開催された年次式典に出席し、2010 年の潘基文前事務総長以来初めて出席した国連事務総長になりました。

広島の選挙区を代表する岸田文雄首相は、核兵器のない世界に向けた勢いが明らかに衰えていることを非難し、核兵器使用の悲劇を繰り返さないよう人類に呼びかけた。

国連のアントニオ・グテレス事務総長は、2022 年 8 月 6 日に日本の市の平和記念公園で行われた米国の広島への原爆投下から 77 周年を記念する式典でスピーチを行います。 (経堂)

首相は、日本は悪化する安全保障環境の「現実」と核兵器のない世界の「理想」を結びつけるために努力すると述べた。

来年5月にG7首脳会議が広島で開催される中、岸田氏は、他の指導者とともに、平和を象徴する記念碑の前で、普遍的価値を守るために協力することを誓うと述べた。

午前 8 時 15 分に黙祷が捧げられました。これは、1945 年 8 月 6 日に米国の爆撃機から投下されたウラン爆弾が市内で爆発し、年末までに推定 140,000 人が死亡した正確な瞬間です。

式典には99か国と欧州連合(EU)の代表が出席したが、ウクライナ戦争でモスクワを支援しているロシアとベラルーシは招待されなかった。

宣言の中で少佐は、核兵器国が信頼の架け橋を築き、核のない世界の実現に向けて具体的な措置を講じるための緊急の行動の必要性を強調した。

松井氏は「武力によらず平和を維持するという理想を捨て、現状を受け入れることは、人類の存続そのものを脅かすことだ。

市長は、核保有国の指導者たちに、1945 年に米国が原爆投下を行って荒廃したもう 1 つの日本の都市である広島と長崎を訪れ、「核兵器使用の結果に個人的に直面する」よう促しました。

「国民の生命と財産を守る確実な方法は、核兵器を廃絶することだということを理解してもらいたい」と訴えた。

松井氏は日本政府に対し、核保有国と非核保有国の架け橋として行動し、核兵器を禁止する国連条約を批准し、次の締約国会議にオブザーバーとしても参加するよう呼びかけた。 6月に開催されたもの。

日本の岸田文夫首相は、2022 年 8 月 6 日に日本の市の平和記念公園で行われた、米国による広島への原爆投下から 77 年を記念する式典でスピーチを行います。 (経堂)

グテーレス氏は発言の中で、「新たな軍拡競争が加速している」と警告し、一方でウクライナを含め、深刻な核の暗示を伴う危機が展開している.

「核兵器保有国が核戦争の可能性を認めることは、まったく容認できない」と述べた。

「核の選択肢をテーブルから外してください。永久に。今こそ平和を広める時です」

式典後、岸田さんとグテーレスさんは広島平和記念資料館を見学。 外務省によると、両者は短い会談の中で、核兵器のない世界に向けて引き続き緊密に協力していくことで一致した。

式典は、COVID-19の蔓延を食い止めるための制限が全国的に緩和されたため、昨年よりも大規模に行われましたが、準備された座席の数は、パンデミック前のレベルの3分の1、つまり約3,550であり、実際には2,854人でした.出席した。

先月の安倍晋三元首相の暗殺の影響は、入り口に出席者をチェックするために導入された金属探知機でも明白でした.

被爆者への祈りと献花に、早朝から大勢の参拝客が訪れた。 彼らには、日本語で被爆者として知られる多くの生存者が含まれていました。

被爆者の一人、鈴木郁恵さん(95)は、公園内にあるアーチ型の原爆慰霊碑の前に、娘が押した車いすで到着した。

鈴木さんは祈りながら、涙ながらに「なぜ東さんは死ななければならなかったのですか?」と言いました。

東静枝は彼女の親友であり、爆発のために病院が崩壊したとき、彼らは一緒に病院にいました。

「日本の隣国が戦争の兆しを見せている一方で、ウクライナの状況が原因で平和が失われるのではないかと私はますます恐れている.

神奈川県から東京に近い神奈川県から初めて式典に出席した鈴木氏は、「もし人類が核兵器を持っていれば、必ずまた戦争が起こるのではないかと常に心の中で心配している」と語った.

式典後の岸田首相との会談で、地元の被爆者団体の代表は、政府が核兵器禁止条約を批准し、「核兵器廃絶のフロントランナー」になることを求めた。

岸田首相は「条約は核兵器のない世界への出口となる。同盟国である米国を変えることから始めなければならない」と批准はまだ検討されていないことを示唆した。

「リトルボーイ」と呼ばれる原爆が広島を壊滅させてから3日後、長崎に2発目の原爆が投下された。 日本は6日後に連合軍に降伏し、第二次世界大戦は終結した。

市は昨年、原爆の犠牲者として公式に認定された死者のリストにさらに4,978人を追加しました. 333,907 人の名前が記載されたリストは、土曜日に慰霊碑内のスペースに戻されました。

厚生労働省によると、2つの核攻撃の公式に認められた生存者の合計数は、3月の時点で118,935人で、前年から8,820人減少した. 彼らの平均年齢は84.53歳でした。

2022 年 8 月 6 日、米国による広島への原爆投下から 77 年を迎える広島の平和記念公園で祈る女性。 (経堂)


被爆77年広島平和宣言要旨

以下は、広島市の原爆投下77周年を記念する式典で、広島の松井一実市長が土曜日に読み上げた平和宣言の要旨です。

— ウクライナに侵攻することにより、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナの罪のない民間人の命と生活を奪っています。

――核抑止力は世界的に勢いを増しているが、これは核兵器のない世界を実現するという人類の決意に対する裏切りである。

――現状を受け入れ、軍事力を伴わない平和の理想を放棄することは、人類を脅かすことになります。

— 人類は、すべての核ボタンをただちに無意味にしなければなりません。

――核保有国の指導者には、自国民の生命と財産を守る確実な方法は核兵器を廃絶することだということを理解していただき、来年広島で開かれる主要7カ国首脳会議に出席する皆さんがこの結論に達することを願っています。

――広島は核兵器廃絶に向けて、「あきらめない」精神で邁進していきます。

――進行中の核拡散防止条約再検討会議の仲介役を日本に求めます。 日本は次回の核兵器禁止条約締約国会議に参加し、速やかに加盟しなければならない。

世界遺産に登録されている原爆ドームは、2022 年 8 月 5 日、西日本の都市への米国の原爆投下から 77 周年の前夜に広島で撮影されました。 (経堂) ==経堂

.広島は77周年を迎えます。 核の脅威の中での原爆投下の
Source#広島は77周年を迎えます #核の脅威の中での原爆投下の

Leave a Comment