広告大手の電通が東京五輪招致を操作した疑いで家宅捜索

日本の検察は金曜、広告大手の電通とイベント会社の事務所、東京五輪組織委員会の元幹部の自宅を家宅捜索し、関連契約の談合に関与した疑いが持たれている。 .

日本の公正取引監視機関も加わった捜索は、東京オリンピックとパラリンピック競技大会での広範なスポンサーシップ贈収賄スキャンダルに続いて行われた。このスキャンダルには、現在は亡き委員会の元幹部も関与し、7月に電通本社への家宅捜索が行われた.

2022年11月25日に撮影された写真は、東京の電通本社が入っているビルです。 (木戸)

東京地検特捜部と監視団は、電通やイベント制作会社セレスポを含む委員会メンバーが、企業と共謀して50以上のイベントを落札した疑いがあるとみて調べている。 リサーチ。

情報筋によると、高官は委員会のゲーム組織化室のテストイベント管理部門の出身であり、入札談合が関与した疑いのあるイベントの詳細を首謀した.

情報筋によると、以前の取り決めには、入札への参加に関心があるかどうかを企業に尋ねる委員会メンバーが含まれていたと言われています。

2018年に開催された56回のテストイベントを計画する権利をめぐる26回の公開入札で、操作が疑われています。 電通、セレスポなど9社とコンソーシアムが受賞。

事情に詳しい情報筋によると、契約の価値は5億円(360万ドル)以上に達し、それぞれの価格は400万円から6000万円の範囲でした。

9社とコンソーシアムは最終的に、東京大会中にテストイベントと競技会場を運営するための入札なしの契約を獲得しました. 契約ははるかに大きく、おそらく数百億円の価値がありました。

主催者が運営、セキュリティ、ガイド観客の潜在的な問題を確認できるように開催されたテストイベントは、2018年から2021年の間に開催された後、コロナウイルスのパンデミックにより1年間延期された夏季大会が開催されました。

最新の申し立てに関して、組織委員会は、電通の助けを借りて、広告代理店とイベント会社のリストを作成し、各スポーツでのそれぞれの経験に基づいてグループに分類しました. リストは落札者の整理に使われた疑いがある。

電通は5つのイベントを約8000万円で落札し、セレスポはさらに5つのイベントを単独で約1億1600万円で落札し、コンソーシアムの下で1つのイベントを1300万円で落札した。

電通は「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。(捜査には)全面的に協力します」と捜査を認めた。

小池百合子東京都知事は捜索を「非常に遺憾」と呼び、政府に調査に全面的に協力するよう指示したと付け加えた。

東京都は木曜日、入札談合の疑いについて別の調査を開始し、テストイベントの関係者へのヒアリングを行った後、早ければ年内に中間報告をまとめる予定です。

検察と公正取引委員会による取り調べは、別の日本の広告代理店である ADK ホールディングス株式会社が不正な入札に参加したことを監視機関に通知した後に行われました。

反トラスト法違反の疑いを報告し、監視機関に協力することで、ADK は罰金の軽減という形で寛大な対応を期待しています。

報道を受けて、検察はこのほど、電通出身の高橋治之元東京組織委員会幹部を中心に、談合事件や汚職疑惑の捜査を開始した。

高橋容疑者はADKなど5社から約2億円の賄賂を受け取った疑い。


関連記事:

日本の広告代理店 ADK は、東京オリンピック テスト イベントの談合を報告します。

贈収賄で元東京五輪幹部を起訴 4度目の起訴

スポットライト: 東京オリンピックの汚職事件は、電通が日本の広告業界をどのように支配しているかを明らかにする


広告大手の電通が東京五輪招致を操作した疑いで家宅捜索

Source#広告大手の電通が東京五輪招致を操作した疑いで家宅捜索

Leave a Comment