平壌でのCOVID-19の移動制限が解除されました:出典

北京の情報筋によると、北朝鮮の首都平壌で最初の新しいコロナウイルスの症例が報告されてから数週間後、COVID-19の移動制限が解除された。

その日の早い段階で、国営の朝鮮中央通信は、朝鮮労働党がその主要会議で「現在の安定したエピデミック状況を考慮したエピデミック規制とガイドライン」を調整することを決定したと報告した。

北朝鮮の指導者である金正恩が集会の議長を務めたが、KCNAは彼の発言について報告しなかった。

北朝鮮の金正恩首相は、2022年5月29日に平壌で開かれた朝鮮労働党中央委員会の政治局の諮問会議に出席した。 (KCNA /共同通信)

北朝鮮の日曜日は、89,500件を超える新たな発熱症例を報告し、人口2500万人の全国でCOVID-19が発生する中、4月下旬以降の総数は344万人を超えました。

KCNAによると、過去1か月間のCOVID関連の死亡者の総数は69人でした。少なくとも186,000人が治療を受け、326万人以上が回復しました。

北朝鮮は5月12日、パンデミックが2020年に始まって以来、最初のCOVID-19の症例を報告し、キムに全国のすべての市と郡を徹底的に封鎖するよう当局に指示するよう促した。


関連する報道:

北朝鮮のキム議長は、ウイルスの中で軍関係者のために国葬を行う

日本の外相は、COVIDを介して北朝鮮を支援する準備ができていることを示唆している

COVID-19が蔓延する中、北朝鮮の発熱症例は200万人を超える


。平壌でのCOVID-19の移動制限が解除されました:出典
Source#平壌でのCOVID19の移動制限が解除されました出典

Leave a Comment