岸田氏は1月にバイデン氏と会談するため渡米を検討している。

日本の岸田文夫首相は、ジョー・バイデン大統領と会談するために1月に米国を訪問する予定であり、政府筋は木曜日に、二国間安全保障同盟の深化が議題の上位にある可能性が高いと述べた。

情報筋によると、この訪問は 1 月 7 ~ 9 日の前後に手配されており、昨年 10 月に大統領に就任して以来初めてのワシントン訪問となる。

2022年11月24日、東京の参議院委員会で演説する岸田文夫首相(共同)==共同

首相はまた、1月中旬に国際経済フォーラムのためにスイスのダボスのスキーリゾートに連れて行くヨーロッパツアーを計画している、と情報筋は付け加えた.

情報筋によると、バイデン氏との会談で、岸田氏は、地域の緊張が高まっている時期に同盟を深めることを期待して、日本の防衛力と予算を「根本的に」強化する政府の計画について説明する予定である.

岸田・バイデン首脳会談は、日本の長期的な安全保障と外交政策に関するガイドラインを提供する国家安全保障戦略を含む、今年の終わりまでに日本が計画している3つの重要な防衛文書の改訂に続く可能性が高い.

情報筋によると、東京とワシントンはまた、1月中旬にワシントンで外務大臣と防衛大臣の間で「2プラス2」の安全保障協議を開催することを検討している.

北朝鮮が前例のない速度で弾道ミサイルを発射した後、日本は米国と韓国とのより強力な安全保障協力を求めている.

台湾では、中国軍が 8 月に米国で 3 番目に地位の高い女性公務員であるナンシー ペロシ下院議長が台北を訪問した後、台湾周辺で大規模な演習を行って以来、緊張が高まっています。

中国の習近平国家主席は、10月に与党共産党の指導者として前例のない3期目の5期を勝ち取り、北京が反逆の州と見なしている台湾を支配するために武力を行使する可能性を排除していません。

岸田氏はまた、来年5月に広島で開催される主要7か国(G7)首脳会議の成功に向け、バイデン氏に協力を求める意向だ。

岸田氏は、第二次世界大戦末期の 1945 年に米国による最初の原爆投下によって荒廃した西日本の都市の選挙区を代表する議員です。

日本とアメリカの指導者は、今月初めにカンボジアで開催された一連の東南アジア諸国連合関連の会議の傍らで、最後に対面会談を行った。

欧州では、岸田氏がダボス会議で経済政策について演説するほか、他のG7諸国を訪問する計画もあるという。

岸田氏は1月にバイデン氏と会談するため渡米を検討している。

Source#岸田氏は1月にバイデン氏と会談するため渡米を検討している

Leave a Comment