岸田氏、武器備蓄優先で少子化逆転

東京 – 岸田文夫首相は月曜日、日本は第二次世界大戦の終結以来、この地域で最も厳しい安全保障環境に直面していると述べ、今後5年間で新たに採用された安全保障戦略の下で軍事力増強を推進すると誓った.国力を維持するため、少子化問題に迅速に対応する。

岸田内閣は 12 月に安全保障と防衛に関する重要な改革を採択しました。これには、戦後の自衛のみを目的とする同国の原則を破る反撃能力が含まれます。 日本は、ミサイル迎撃ミサイルの現在の配備は、中国と北朝鮮で急速に進歩する兵器をかわすには不十分であると述べている。

岸田氏は今年の国会開会の辞で、積極的な外交が優先されるべきだが、それには「それを支える防衛力」が必要だと述べた。 彼は、日本の新しい安全保障戦略は、「第二次世界大戦の終結以来、最も厳しく複雑な安全保障環境と、緊急時に人々の命を守ることができるかどうかという問題に直面しているため、現実的なシミュレーションに基づいている.

この戦略は、ますます自己主張を強める中国の領土への野望を抑えることを目指しているが、戦時中の日本の侵略の犠牲となった多くのアジア諸国にとってもデリケートな問題でもある. 岸田氏は、これは日本の安全保障政策の「抜本的な変化」であると述べたが、依然として反戦憲法と国際法の制約の範囲内にとどまっている.

2023 年 1 月 14 日、ワシントンでの記者会見で発言する岸田文夫首相。

日本首相:東アジアは次のウクライナになる可能性がある

岸田首相は「日本の非核、自衛の原則、平和を愛する国としての歩みは少しも変わらないことを明確にする」と述べた。

岸田首相は今月、ワシントンを含む 5 カ国を訪問し、日本の新しい防衛計画を説明し、同盟国である米国との防衛関係をさらに発展させました。

日本は、防衛予算を 5 年以内に 43 兆円 (3,320 億ドル) にほぼ倍増し、サイバースペースと諜報能力を向上させることを計画しています。 防衛予算の年間増額の 4 分の 3 は、税制と歳出の改革によって絞り込むことができますが、残りは潜在的な増税によるものでなければなりません。岸田氏は、野党議員や与党からの批判の高まりにすでに直面しています。

ファイル - 2019 年 6 月 26 日に海上自衛隊のヘリコプター母艦 JS いずも (DDH-183) の飛行甲板に SH-60K ヘリコプターを格納する準備をする航空機整備士。 ファイル - 2019 年 6 月 26 日に海上自衛隊のヘリコプター母艦 JS いずも (DDH-183) の飛行甲板に SH-60K ヘリコプターを格納する準備をする航空機整備士。

新しい防衛計画の下で、日本は「通常の」世界大国になれる

岸田さんはまた、人口増加という重大な問題に直面しています。

「子どもの政策や子育て支援に時間を割くわけにはいかない」と語った。 「子どもを第一に考え、出生率を変える経済社会をつくらなければならない」

1 億 2,500 万人を超える日本の人口は 14 年間減少しており、2060 年までに 8,670 万人に減少すると予測されています。人口の減少と高齢化は、経済と国家安全保障に大きな影響を及ぼします。

岸田氏は、奨学金を増やすなど、子供のいる家庭への経済的支援を強化することを約束し、6月までに計画をまとめると述べた.

日本は世界第 3 位の経済大国ですが、生活費は高く、賃金の伸びは鈍いです。 保守党政権は、社会を子供、女性、マイノリティをより包括的にすることに後れを取っています。

これまでのところ、妊娠、出産、育児の補助金が支払われているにもかかわらず、より多くの赤ちゃんを産むことを奨励する取り組みの効果は限定的でした。 一部の専門家は、政府の補助金は、若者が家族を持つことを思いとどまらせる落とし穴を取り除くよりも、すでに子供を持つ親に焦点を当てる傾向があると言う.

岸田氏、武器備蓄優先で少子化逆転

Source#岸田氏武器備蓄優先で少子化逆転

Leave a Comment