岸田文雄、バイデンが同盟強化に合意

日米の指導者たちは、地域防衛の強化に取り組んでいます。 岸田文雄首相は、インド太平洋の緊張が高まる中、ジョー・バイデン大統領と会談した。

岸田文雄氏は、「国防予算を拡大する決意を表明し、バイデン大統領はこれを強く支持した。また、安全保障のための日米協力を拡大し、深めることに合意した」と述べた。

バイデン首相は、「岸田首相が日本の防衛力も強化しようと決意したことを称賛する。強力な日本と強力な日米同盟は、この地域の善のための力である」と述べた。

岸田とバイデンは2つの脅威に触れました。

彼らは、北朝鮮からの最近の一連の兵器発射と中国の増大する影響力に対処することを約束した。

岸田文雄氏は、「国際社会の平和と繁栄に欠かせない要素である台湾海峡の平和と安定を確保することの重要性を強調した。また、海峡横断問題の平和的解決を求めた」と述べた。

ロシアも議題に含まれていました。

首脳は、ウクライナでの紛争が国連改革の必要性を浮き彫りにすることに同意した。

バイデンは、米国が安全保障理事会の常任理事国になるという日本の入札を支持すると述べた。

岸田はまた、このイベントを利用して、広島が来年のG7サミットを主催し、核兵器に反対する強力なメッセージを送ることを望んでいると述べた。


岸田文雄、バイデンが同盟強化に合意
Source#岸田文雄バイデンが同盟強化に合意

Leave a Comment