岸田内閣の支持率は37.6%と微増

日本の岸田文夫首相の内閣支持率は、物議を醸している統一教会に関連する問題の処理に対するインフレの加速と批判に対する国民の不満と批判に取り組み続けているにもかかわらず、日曜日に共同通信社の世論調査が示した.

支持率は、今月初めに実施された前回の世論調査の 35.0% から上昇し、支持率は 3.5% 低下して 44.8% となった.

日本の岸田文夫首相は、2022 年 10 月 28 日に東京の首相官邸で記者会見を行い、政府の 29 兆 1000 億円の景気刺激策について説明した。 (経堂)

支持率がわずかに上昇したにもかかわらず、9 月と 8 月にそれぞれ調査された 40.2% と 54.1% を下回りました。

岸田内閣を支持すると回答した人のうち、他に「ふさわしい」候補者がいないと答えた人は52.9%と過半数を占め、前回は49.4%だった。

71.1%が、インフレ上昇の影響を緩和するために最近発表された政府の経済対策にあまり期待していないと答えた。 希望があると答えたのはわずか2.9%で、「ある程度」希望があると答えた人は24.0%だった。

岸田氏は金曜日、政府が経済対策の下で29兆1000億円(1990億ドル)を費やすと述べた.ウクライナ。

このパッケージの重要な柱は、家庭の光熱費の削減です。

食料品などの価格上昇は「非常に」壊滅的であると答えた回答者は 29.8% で、前回の調査で同様に回答した 19.3% から上昇し、住宅への影響が拡大していることを浮き彫りにしました。

一方、岸田氏が率いる与党自民党は、岸田氏と教会との関係について調査を地方議会議員に拡大すべきだと考える人は 74.8% で、反対した人の 21.8% をはるかに上回った。

最新の世論調査によると、回答者の 66.9% が、山極大志郎経済再生担当大臣の辞任の時期は「遅すぎる」と答え、20.9% だけが適切だと答えた。

山極氏は先週の月曜日に岸田内閣を辞任した最初の大臣になった.統一教会との関係を繰り返し説明しなかったことに対する世論と野党議員からの批判を受けて.

PLD 議員とグループとのつながりに関する最近の暴露は、政治的影響力を行使しようとした可能性があるという懸念を引き起こしました。

2024年秋に保険証を廃止し、マイナンバーに統合する政府案については、「反対」が49.3%、「賛成」が47.4%だった。

調査対象者のうち、41.7% が自民党を支持し、続いて最大の野党である日本の立憲民主党を9.5%、日本維新の党を9.5% 支持しました。

無党派の有権者は、回答者の 19.6% を占めました。

この調査では、有権者が固定電話と 2,126 の携帯電話番号を使用している無作為に選択された 518 世帯に電話をかけました。 世帯421人、携帯電話利用者628人から回答を得た。

岸田内閣の支持率は37.6%と微増

Source#岸田内閣の支持率は37.6と微増

Leave a Comment