岸田は労働交渉で3%の賃金引き上げを要求する

日本の岸田文雄首相は、来春の年次労働協議で、企業に賃金を3%以上引き上げるよう求めた。

岸田文雄氏は金曜日、政府関係者やビジネスリーダーと会談し、増額につながる対策について話し合った。 彼は、会社の支払い能力に基づいて最大の昇給を見込んでいると述べた。

首相は、パフォーマンスがコロナウイルス感染前のレベルに回復した企業は、賃金を3パーセント以上引き上げると予想していると述べた。

彼の政権はすでに保育園にその額の給料を上げるように促すことを決定しました。

岸田文雄氏は、政府は企業の賃金引き上げを支援するために可能な限りのことをするだろうと語った。

彼は、より高い給与を提供している企業に減税を提供する計画を示しました。 損失を出しているにもかかわらず賃金を上げる中小企業は、より高い補助金の対象となります。







岸田は労働交渉で3%の賃金引き上げを要求する

Source#岸田は労働交渉で3の賃金引き上げを要求する

Leave a Comment