山梨市で失踪した少女が骨DNA検査で死亡を確認

警察は土曜日、近くで見つかった肩甲骨からのDNAが彼女と一致することが確認された後、2019年に山梨県の山腹のキャンプ場から行方不明になった少女の死を確認しました。

小倉美咲は、2019年9月に家族や友人と一緒に道志の現場に到着して間もなく姿を消した7歳でした。

山梨県警によると、娘を探し続けていた39歳の母親の朋子さんは、骨が美咲のものであることが確認されたとのこと。

2022年5月14日に共同通信社のヘリコプターから撮影した写真は、2019年9月に小倉美咲が行方不明になった山梨県の山腹キャンプ場の近くを示しています。(共同通信)

4月23日、山腹近くで発見された頭蓋骨の破片は、千葉県成田市に住む美咲と直接結びつくことはできなかったが、ミトコンドリアDNA検査で親戚のDNAとの不一致は見られなかったことが木曜日に明らかになった。

キャンプ場の東約600メートルで発見されたミサキは、先に進んだ友達を追いかけた後、姿を消した。 さらなる警察の捜査で靴が見つかり、肩甲骨は5月4日に回収され、その後テストされました。

失踪後の美咲の動きなど、事件の詳細は不明。 警察は、潜在的な事故または犯罪の両方として事件を調査し続け、山の捜索は進行中です。

2019年9月に撮影されたファイル写真は、山梨県の山腹のキャンプ場近くの小川で行方不明の少女小倉美咲を捜索している捜査官を示しています。 (共同通信)


関連する報道:

2019年に少女が姿を消した日本のキャンプ場の近くで見つかった人間の骨


。山梨市で失踪した少女が骨DNA検査で死亡を確認
Source#山梨市で失踪した少女が骨DNA検査で死亡を確認

Leave a Comment