山形県の17歳の少年がベトナム航空の飛行機を撃墜すると脅迫したとして逮捕された

千葉県警は、成田国際空港を出発したベトナム航空の旅客機を撃墜すると脅迫した後、山形県で17歳の少年を強制的に事業妨害の疑いで逮捕した。

産経新聞によると、事件はベトナム航空の日本支社が脅迫電話を受けた1月5日午前10時55分ごろに発生した。 少年は山形県の自宅から電話をかけ、VN 5311便を「撃墜する」と主張したので、パイロットは「飛行機の向きを変えるべきだ」と述べた。

ハノイに向かう途中の同機は、福岡空港に緊急着陸し、安全確認を行った。 この事件により、飛行は約3時間40分遅れました。

警察が電話番号を追跡した後、少年は容疑者として現れ、火曜日に逮捕されました。 警察によると、少年は電話をかけたことを認めたという。

警察によると、少年は精神障害を持っているという。







山形県の17歳の少年がベトナム航空の飛行機を撃墜すると脅迫したとして逮捕された
Source#山形県の17歳の少年がベトナム航空の飛行機を撃墜すると脅迫したとして逮捕された

Leave a Comment