少なくとも146人の自民党議員が統一教会を扱っていた

自民党の少なくとも 146 人の議員が統一教会または関連組織と取引を行っていることが土曜日に共同通信の調査とインタビューで明らかになり、日本の主要な与党と宗教団体との間の緊密な関係が再び強調された.

世界平和統一家族連合として正式に知られている政治家と教会とのつながりは、7月8日に安倍晋三元首相が殺害されて以来、論争の種となっています。教会に対して。

2022年8月31日、東京の首相官邸で記者会見を行い、統一教会問題について語る岸田文夫首相。(共同)

党内調査の結果が明らかになれば、現在、自民党の上下両院議員381人の38%に相当するグループと関係があることが判明した人の数は増加する可能性があります.

故文鮮明によって 1954 年に韓国で設立され、批評家によってカルトと見なされたこの教会は、合同結婚式で有名です。

壷などを法外な値段で買わせる「心霊売買」は、過去に社会問題化した。

内訳は安倍派が 39 で最も多く、麻生太郎副総裁、茂木敏充幹事長派が各 21 名、二階俊博派が 20 名、岸田文雄首相派が 20 名と続いた。 19.

3人は自民党の森山浩・選挙戦略委員会委員長が率いる派閥に属し、残りの23人はどの派閥にも所属していなかった。

7月と8月に行われた共同通信の調査では、82人の自民党議員が教会と取引をしていた.

共同記者は、先月の内閣改造で官職に就いた際、同団体との接触を認めた議員がいたため、調査に回答しなかった議員に個別にインタビューした。

二階元自民党幹事長と根本匠元厚生労働大臣が教会関係団体の会合に祝電を送っていたことが分かった。

西銘公三郎元沖縄・北方領土担当大臣、中谷元内閣総理大臣補佐官、山谷恵理子元国家公安委員会委員長も、事前に取材を受けていたことが分かった。教会系の世界日報。

元農林水産大臣の斎藤健氏は、秘書が教会関連団体の会合に出席したと述べたが、麻生氏と茂木氏はいずれも取引を否定した。

約 40 人の議員は、自民党による進行中の調査を理由に、調査に応答せず、インタビューを受け入れず、コメントを拒否しました。

調査とインタビューでは、寄付、キャンペーンへの支援、イベントへの参加、メッセージの送信、メディアへの出演、関連団体への会費の支払いが、教会との取引とみなされました。

党内調査では、日本維新の会の15人、立憲民主党の14人、自民党の連立与党である公明党の3人が統一教会との関係を持っていたことが明らかになった。

調査結果により、何らかの形で教会に関与していたことが判明した議員の数は、合計711人のうち184人になりました。


関連記事:

統一教会の日本での献金強要が問題:元幹部

日本の岸田首相は、彼の党と統一教会との関係を断つことを誓う

統一教会との関係を断つ自民党の行動規範


.少なくとも146人の自民党議員が統一教会を扱っていた
Source#少なくとも146人の自民党議員が統一教会を扱っていた

Leave a Comment