小麦と石油のコストが高騰する中、22年初頭から日本で食料価格が高騰する

日本では、小麦粉や食用油などの家庭用食品の価格が来年初めから急騰する。

価格の上昇は、コロナウイルス危機からの景気回復に伴う世界的な需要の増加と物流コストの上昇に伴う原料価格の上昇に起因しています。

企業は高コストを相殺する方法を見つけることができないため、一部の製品はすでに価格が上昇し、消費者を傷つけています。

山崎製パンは来年1月1日からパンとケーキの送料を平均7.3%値上げする計画だ。 日清製粉グループ本社の一部門である日清フーズは、小麦粉製品の価格を1月から4%から6%、混合小麦粉製品の価格を4%から6%引き上げる。

この措置は、政府が10月に輸入小麦の民間部門への販売価格を6か月前と比較して19%引き上げた後に実施されました。

小麦の90%を輸入に依存している日本に打撃を与えている中国からの強い需要により、国際小麦価格は急騰しました。

その結果、一部の食品メーカーも麺の価格を引き上げるでしょう。

食用油については、J-Oil Mills Inc.は、2月1日から菜種油製品の価格を1キログラムあたり少なくとも40円引き上げる予定です。 食用油の価格は2021年にすでに4倍に上昇しています。

主要生産国であるカナダの干ばつにより、菜種の生産量は減少しました。

価格の上昇は、食品だけでなく、脱炭素化の取り組みにおけるバイオ燃料としての使用のための植物油に対する需要の高まりも反映しています。







小麦と石油のコストが高騰する中、22年初頭から日本で食料価格が高騰する

Source#小麦と石油のコストが高騰する中22年初頭から日本で食料価格が高騰する

Leave a Comment