小林陵侑がフィンランドのワールドカップで優勝、総合首位

男子ノーマルヒルスキージャンプ大会で金メダルを獲得し、最近の北京冬季オリンピックで大きな丘で銀メダルを獲得した小林陵侑は、日曜日に今シーズン8回目のワールドカップ優勝を宣言した。

フィンランドのラハティで行われた130メートルの大きな丘のイベントに出場した5人の日本人の1人として、小林は125メートルの最初のジャンプの後に5位になり、130.5メートルの2回目のジャンプで合計278人になりました。ポイント。

小林陵侑はフィンランドのラハティで撮影されました。 (北欧フォーカス/共同通信)

小林とハウヴォル・エグナー・グラネルドは、ノルウェー人も278ポイントを記録した後、勝利を共有しました。カール・ガイガーの5位は、ドイツ人が総合順位で首位を明け渡すのを見ました。

フィンランドでの表彰台は、271.3ポイントを獲得したオーストリアのシュテファンクラフトによって完成されました。

「最初のジャンプの後、まだチャンスがあると思った」と小林は27回目のワールドカップ優勝後に語った。

「上手くいったことをうれしく思います。ようやく良いジャンプができました。昨日はまともなジャンプがなかったので、そこで終わらないことを嬉しく思います。」

勝利により、小林は現在、ワールドカップの総合リーダーの黄色いジャージを所有しており、ガイガーに対して43ポイントのアドバンテージを持っています。

。小林陵侑がフィンランドのワールドカップで優勝、総合首位
Source#小林陵侑がフィンランドのワールドカップで優勝総合首位

Leave a Comment