専門家は、全国の教師不足に対処するための措置を求めています

日本の教育専門家は、中央政府と地方政府に、慢性的な教師不足に対処するための緊急の措置を講じるよう求めています。

4人の専門家が月曜日に東京で行われた記者会見で彼らの調査の予備的な結果を発表した。

彼らは、全国の公立学校の179人の副校長の20パーセントが4月の新学年度の初めにスタッフ不足があったと言ったと言います。

日本大学の香織末富教授は、昨年度の政府調査によると、全国の学校の教員数は2,558人不足しているが、不足はさらに深刻だと感じている。

彼女はまた、担任の先生がいないことは生徒にとって不利であり、状況はすぐに対処される必要があると述べた。

彼女は、4月下旬に始まった調査は5月22日まで続くと付け加えた。

専門家は、中央および地方自治体に対し、正規の教員を雇用し、多くが過労状態にある教師の職場環境を改善するための資金を確保するよう要請した。







専門家は、全国の教師不足に対処するための措置を求めています
Source#専門家は全国の教師不足に対処するための措置を求めています

Leave a Comment