安倍首相の銃撃を受け、警察はVIP保護のルールを見直します

先月安倍晋三元首相を保護するための欠陥が原因で彼の致命的な射殺につながった後、警察庁は約30年ぶりにVIP保護のためのその大綱を見直すと、警察筋は金曜日に言った。

機関はまた、セキュリティ担当者のトレーニングを拡大し、高官を保護するために割り当てられた役員の数を増やすことを検討しており、修正は早ければ来週にも最終決定され、発表される予定である、と情報筋は述べた。

2022 年 7 月 9 日、西日本の奈良県で安倍晋三元首相が射殺された翌日、福島県の参議院選挙で有権者が演説を行う政治家を警備する警察官。 (経堂) ==経堂

都道府県警は要人保護計画の作成を義務付けられているが、元総理大臣の場合、警視庁への報告義務はない。

政府機関は、この規則を見直して、セキュリティ計画の起草時の関与を強化する予定です。

1965 年に制定されたこの一連の規則は、1994 年に最後に改訂され、要人が都道府県間を移動する際に治安要員が管轄外の場所で職務を遂行できるようになりました。

東京を含む日本の 47 都道府県には、それぞれ独自の警察組織があります。 警察庁は、地方警察の業務を監督しています。

安倍首相は、国会議員選挙に先立ち、7 月 8 日に西部の奈良市で切り株演説中に、1 人のガンマンによって射殺されました。 警視庁から派遣された警察官1人と地元の警察官数人がすぐ近くにいたが、誰も加害者を止めることができず、後ろから前首相に2発発砲した.

同庁は安倍首相の奈良での演説について、警視庁から連絡を受けていたが、警察官の配置など詳細な調整については知らなかった。

庁は、奈良県警が計画を策定した際の検討不足との見方を強めてきた。

エージェンシーは、これまでの事件のレビューから、警察官が阿部の後ろの地域を監視することを怠り、射手が注意を引かずにそこから近づく機会を作ったことを知った.

安倍さんはガードレールに囲まれた狭い場所に立っていた。 安倍が演説を始める直前に、ガードレールの外に立って安倍の背中を見守っていた県警の一人が中に入って、他の警官やチームリーダーに知らせずに聴衆の方を向いた。囲まれたエリアで。

要人保護の経験が比較的浅い地元警察官の訓練範囲とレベルを拡大する方針だ。

また、選挙戦で各地に移動することが予想されるため、選挙演説の際に政党幹部を警護するために、現在200人から300人程度の警備員を派遣することも検討している。

情報筋によると、米国と同様の方法で、演説中にドローンを使用して現場を上空から撮影し、防弾ガラスを使用することも検討されています。

公共政策審議会の板橋功治安・危機管理専門家は、東京から派遣される治安要員と地元の警察官との連携や、地域の治安要員の育成の必要性を強調した。

「警察庁が枠組みを作り、警視庁がそれを実行することもできる」と彼は言った。


関連記事:

安倍の射手、起訴前に精神能力検査を受ける

安倍攻撃者は教会に注意を引こうとした:アナリスト

射手は統一教会評論家への手紙で安倍首相の殺害を知らせた


.安倍首相の銃撃を受け、警察はVIP保護のルールを見直します
Source#安倍首相の銃撃を受け警察はVIP保護のルールを見直します

Leave a Comment