宇野、渡辺、日本人カップルがスケートカナダで優勝

宇野昌磨は男子で表彰台を獲得し、渡辺梨花はグランプリデビュー戦で女子で金メダルを獲得し、三浦陸と木原竜一は土曜日のスケートカナダインターナショナルでの圧倒的なパフォーマンスでシリーズ初のペアタイトルを獲得した。

日本男子の 1-2 フィニッシュで、現世界チャンピオンの宇野はミシソーガで開催されたフィギュア スケートのグランプリ シリーズの第 2 ラウンドで、ショート プログラムの勝者である三浦佳央を破り、リーダーボードの順位を上げました。

日本の宇野昌磨は、2022 年 10 月 29 日、オンタリオ州ミシサガのパラマウント ファイン フーズ センターで開催される ISU グランプリ オブ フィギュア スケート – スケート カナダ インターナショナルの男子フリー スケートでパフォーマンスを行います。 (国際スケート連盟/ゲッティ/キョードー)

宇野はフリー スケートで 183.17 を受け取り、合計 273.15 を獲得しました。17 歳のスケート アメリカ優勝者である三浦は 265.29 でフィニッシュし、イタリアのマッテオ リッツォは 251.03 で 3 位でした。

「勝てて興奮している」と宇野は言い、4 回転ループで始まり、ルーティンにさらに 4 つの 4 回転を加えた。 「ミウラは信じられない速さで上達しているので、遅れないように頑張らなければなりません。」

20 歳の渡辺は、フリー スケートで 134.32 ポイント、合計 197.59 ポイントを獲得し、6 位から女子表彰台のトップに上がりました。

彼女はトリプル アクセルでルーチンを開始し、さらに 4 つのクリーンなトリプルを続けて 191.26 でアメリカのスター アンドリュースと 190.15 で韓国のユー ヨンを上回りました。

渡辺は「今の自分の能力を最大限に発揮した。 「圧倒されることなく落ち着いて滑ることができました。勝ててとてもうれしいです」

2022 年 10 月 29 日、オンタリオ州ミシサガのパラマウント ファイン フーズ センターで開催された ISU グランプリ オブ フィギュア スケート – スケート カナダ インターナショナルで、日本の渡辺梨花が女子フリー スケートでパフォーマンスを披露します。 (国際スケート連盟/Getty/共同)

足首の疲労骨折から回復中の元世界ランク1位の紀平梨花は、フリーで3番目に高いスコアを獲得し、184.33で総合5位に終わった。

北京オリンピックの三浦選手と木原選手は、ショートプログラムでの勝利をバックアップし、最高のフリースケーティングで合計 212.02 を記録し、グランプリ初優勝を果たしました。 米国のエミリー チャンとスペンサー アキラ ハウが 186.48 で 2 位、イタリアのサラ コンティとニッコロ マチーがわずか 0.3 ポイント差で 3 位でした。

「グランプリシリーズに初めて出場したとき、メダルを獲得することは夢か不可能だと思っていました。とてもうれしいです」と木原は語った。

2022 年 10 月 29 日、オンタリオ州ミシソーガのパラマウント ファイン フード センターで開催された ISU グランプリ オブ フィギュア スケート – スケート カナダ インターナショナルで、日本の三浦陸と木原龍一がペアのフリー スケートでパフォーマンスを行う. (国際スケート連盟/Getty/共同)

(左から) 10月29日にパラマウント・ファイン・フーズ・センターで開催されたISUフィギュアスケート・スケート・カナダ・インターナショナルの男子フリースケートの後、日本の三浦花王、日本の宇野昌磨、イタリアのマッテオ・リッツォが表彰台でポーズをとっている. 2022年、オンタリオ州ミシソーガ。 (国際スケート連盟/Getty/共同)

2022 年 10 月 29 日、オンタリオ州ミシサガのパラマウント ファイン フード センターで開催された ISU グランプリ オブ フィギュア スケート – スケート カナダ インターナショナルで日本の国旗を掲げて祝う日本の渡辺梨花. (国際スケート連盟/Getty/共同)


関連記事:

フィギュアスケート:三浦花王がスケートカナダ男子ショートプログラムの見出しを飾る


宇野、渡辺、日本人カップルがスケートカナダで優勝

Source#宇野渡辺日本人カップルがスケートカナダで優勝

Leave a Comment