女子チャレンジャーシリーズで都筑安室が日本初表彰台を獲得

東京オリンピックの銅メダリストがブラジルのコロナ サクアレマ プロで 3 位に終わったとき、都築安室は月曜日に女性のチャレンジャー シリーズ イベントで表彰台を獲得した最初の日本人サーファーになりました。

都筑はブラジルのサマー マセドを破り、シリーズ初の準決勝に進み、このスポーツの最高の大会であるチャンピオンシップ ツアーへの出場権を獲得しました。

日本の都築安室は、2022 年 11 月 7 日にブラジルのサワレマで開催されるコロナ サクアレマ プロに出場します。 (写真提供:WSL)(共同)

21 歳の彼女は準決勝で最終的に勝者となった米国のアリッサ スペンサーに 14.60-12.56 で敗れましたが、彼女のパフォーマンスには満足していました。

「ヒート中にベストを尽くす自分の能力を称賛したい」と都筑は語った。彼は準決勝のベストウェーブで 7.23 を記録したが、彼のスコアはスペンサーの 8.67 を上回った。

「暑さの中で気合を入れることができました。タイトルを獲得したかったのですが、3位になってとてもうれしいです。」

この結果、都筑は今シーズンの女子チャレンジャー シリーズ ランキングで 13 位になり、上位 5 名が来シーズンのチャンピオンシップ ツアーの出場権を獲得しました。

11 月 26 日にハワイで始まるシーズンの最終イベント、ハレイワ チャレンジャーでランキングを上げるチャンスがあります。

女子チャレンジャーシリーズで都筑安室が日本初表彰台を獲得

Source#女子チャレンジャーシリーズで都筑安室が日本初表彰台を獲得

Leave a Comment