天の川銀河の中心にあるブラックホールの最初の画像を天文学者がリリース

日本の国立天文台の参加を得た国際的な天文学者グループは、天の川銀河の中心にある超大質量ブラックホールの最初の画像を撮影したと言います。

イベントホライズンテレスコープコラボレーションと呼ばれるグループは、木曜日に発表を行いました。 研究者たちは、この画像は世界中の6つの天文台にある電波望遠鏡のネットワークからの観測の平均的な構成であると言います。

重力がブラックホールからの光の逃げを妨げるため、ブラックホールの観測は困難です。

このグループによると、天の川のブラックホールは、地球からいて座の方向に約27,000光年離れています。 光年とは、光が1年間に移動する距離です。

グループによって公開された画像は、重力によって過熱されたガスの明るいリング状の構造に囲まれた暗い中央領域を示しています。

このグループによると、ブラックホールの観測データは従来の予測と一致しています。重力の質量は太陽の約400万倍で、直径は約6000万キロメートルです。

2019年に、グループは、より遠い銀河の中心にあるブラックホールの最初の画像と呼ばれるものを公開しました。

このグループは、最新の画像が天の川銀河がどのように形成され進化したかを解明するのに役立つ重要な手がかりを提供すると述べています。

地球が天の川銀河の中心に巨大ブラックホールのエクス襲待したと天文台付が議し実行チームができしましたた。国立天文台当も参加チームは、太陽系が天の川銀河のになり「いて座座座Aスター」と、できてき輝ブラックホールのエクス越したとカバーしました。ブラック銀河のとできししした物質が採をぬ・で回転し、今のようにできてれのブラックホールのそのブラックホールのそのブラックホールの管理者がレカビしててててて私です。のからはんにんは2400万越。







天の川銀河の中心にあるブラックホールの最初の画像を天文学者がリリース
Source#天の川銀河の中心にあるブラックホールの最初の画像を天文学者がリリース

Leave a Comment